QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 円安はまだ続く、背後に「黒字の構造変化」あり

円安はまだ続く、背後に「黒字の構造変化」あり

【日経QUICKニュース(NQN) 西野瑞希】外国為替市場で円の先安観が崩れていない。9日に1ドル=112円73銭と約1カ月ぶりの高値をつけた円相場の動きを「一時的な調整」と受け止める市場参加者が多いためだ。原燃料価格の騰勢による貿易赤字の拡大観測だけでなく、海外とのモノやサービスなどの取引状況をあらわす経常収支をみると構造的な変化が円高が進みづらい環境を作り出している。 ■経常収支の構造変化 10日の東京外為市場では円相場が膠着感を強めた。米長期金利の低下などを背景に一時112円78銭まで買われたものの、前日の高値に届かず上値を試すムードは乏しい。東海東京調査センターの柴田秀樹氏は「円...


ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

この記事の関連銘柄

8301 銀行業
日本銀行
26,540
前日比-740 (-2.713%)
日本銀行の株価を見る
対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる