QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース パウエルFRB議長がみせたインフレ抑制の「本気度」

パウエルFRB議長がみせたインフレ抑制の「本気度」

【NQNニューヨーク=古江敦子】米連邦準備理事会(FRB)はインフレ抑制に向け、金融政策の正常化を早める構えだ。パウエル議長は11月30日の米上院銀行委員会で議会証言し、インフレが「一時的」とする解釈の撤回やテーパリング(量的金融緩和の縮小)の加速に言及。市場では金融引き締めに前向きな「タカ派」寄りな政策への転機と受け止められている。 ■「意表を突かれた」 30日の米債券市場では、長期金利の指標である米10年物国債利回りが前日比0.04%低い(価格は高い)1.44%で取引を終えた。朝方は新型コロナウイルスの「オミクロン型」への警戒感から節目の1.40%に迫った。だが、パウエル議長の議会証言...


ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

株式ランキング

コード/銘柄名 株価/前日比率
1
5,610
+5.55%
2
84,390
+1.94%
3
24,455
+5.88%
4
46,420
+4.52%
5
56,860
+4.48%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
1,400
+27.27%
2
2,026
+24.6%
3
4849
エンJPN
2,580
+24.03%
4
2,076
+23.86%
5
1,617
+22.77%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
1,221
-24.48%
2
1,287
-23.71%
3
404
-16.52%
4
531
-15.84%
5
840
-15.15%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
5,610
+5.55%
2
15,190
+5.04%
3
21,280
+1.59%
4
46,420
+4.52%
5
84,390
+1.94%
対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる