QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 岸田首相は株式市場がお嫌い? 「自社株買いガイドライン」発言が揺らす需給

岸田首相は株式市場がお嫌い? 「自社株買いガイドライン」発言が揺らす需給

【日経QUICKニュース(NQN) 中山桂一】14日午後の東京株式市場で日経平均株価は前日比330円安い2万8309円まで下げる場面があった。きっかけは衆院予算委員会での岸田文雄首相の答弁だ。自社株買いの規制に関する質問に対して「個々の企業の事情に配慮した対応、ガイドラインなどは考えられないだろうかとは思う」と発言した。自社株買いは日本株の需給の支えとなっている。首相発言は政治的な実施の制約につながると受け止められ、短期勢の売りを促した。 ■主要な買い手=自社株買い 今回の首相発言は立憲民主党の落合貴之氏の質問に対するもの。落合氏は企業が収益を従業員の賃金や設備投資に充てずに自社株買いに向...


投資経験 1~3年
投資商品
日本株 外国株 投資信託

嫌いではなく敵視してますね。

14/500
 

2021/12/14 19:49

コメント
0/500
 

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

この記事の関連銘柄

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる