QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 22年のIPO、100社の大台維持へ DXやヘルスケア有望(日本株ストラテジー)

22年のIPO、100社の大台維持へ DXやヘルスケア有望(日本株ストラテジー)

【日経QUICKニュース(NQN)池田幹】2022年の新規株式公開(IPO)の社数は100社の大台を維持しそうだ。恒例の12月の駆け込み上場は来週にピークを迎え、22年4月に東証の市場再編を控えて今年は一段と盛り上がりを見せる。来年は反動が出やすいとの声がある半面、依然として旺盛な企業の資金調達意欲が支えだ。キオクシアホールディングス(旧東芝メモリホールディングス)や実現すれば再上場となるスカイマークの動向への関心が高いほか、DX(デジタルトランスフォーメーション)やヘルスケア関連の上場が増えるとの観測もある。 21年のIPOは14年ぶり100社超え 21年のIPOは125社(プロ向け市場...


銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

この記事の関連銘柄

その他の関連銘柄

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる