QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 「平凡」な中国習主席、成果目指し強硬外交(市川眞一 政治と経済、市場を読む)

「平凡」な中国習主席、成果目指し強硬外交(市川眞一 政治と経済、市場を読む)

今年11月8日から11日まで、中国では共産党中央委員会第19期第6回全体会合(6中全会)が開催され、同党においては3回目となる「歴史決議」が採択された。この第3の歴史決議に関し、日本では習近平総書記(国家主席)の権力基盤が強化されたとの論調が目立つようだ。良し悪しは別にして建国の父である毛沢東、中興の祖である鄧小平の両氏に比肩しうるような成果を考えると、習氏が成し遂げた具体的な事柄を思い起こすのは容易ではない。 経済に関して言えば、中国はGDPで日本を抜き、米国に次ぐ世界第2位になった。もっとも、それは2010年のことであり、歴史決議では名前が1回しか取り上げられなかった胡錦涛前総書記時代の...


ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる