QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース ステルステーパリング? 21年は日銀の国債購入額が再びマイナスへ

ステルステーパリング? 21年は日銀の国債購入額が再びマイナスへ

最終更新 2021/12/22 10:00 為替・金利 黒田総裁 日銀 NQNセレクト

【日経QUICKニュース(NQN) 船田枝里】日銀が国債買い入れ額を減らしている。残すところあと2週間となった2021年の購入額(物価連動債と変動利付債を除く)は71兆5000億円の見込みだ。前年比3%減と2年ぶりのマイナスで、ピークだった16年を35%下回る水準まで減った。 日銀の黒田東彦総裁が就任した13年以降を振り返ると、113兆円だった16年をピークに減少傾向にある。19年まで3年連続で減り、20年こそ新型コロナウイルスの感染拡大で混乱した金融市場に対応して増えたが、21年に再び減少した。 ■海外と線引きしても・・・ きっかけは16年秋の長短金利操作(イールドカーブ・コン...


ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

この記事の関連銘柄

8301 銀行業
日本銀行
27,280
前日比+1,260 (+4.842%)
日本銀行の株価を見る
対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる