QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 東証のETF値付け新システム、22年利用倍増へ(日本株ストラテジー)

東証のETF値付け新システム、22年利用倍増へ(日本株ストラテジー)

最終更新 2021/12/30 10:00 日本株ストラテジー ETF NQNセレクト

【日経QUICKニュース(NQN) 宮尾克弥】日本取引所グループ(JPX、8697)傘下の東京証券取引所が2月に運用を始めた株価指数連動型上場投資信託(ETF)の機関投資家向け新プラットフォームが金融機関に浸透してきた。RFQ(Request For Quote、気配提示依頼)プラットフォーム「CONNEQTOR(コネクター)」で、銀行など金融機関にとって重荷だった手数料の引き下げに効果がある。日本のETF市場は世界で見ればなお小規模で、東証はETF普及に向け2022年中に利用実績の倍増を目指す。 ■東証自らRFQプラットフォームを開発 RFQは機関投資家が売買を希望する銘柄や数量を多数の...


銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

この記事の関連銘柄

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる