QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 注目テーマ「旅行」 GoToトラベル再開/アフターコロナでどうなる?関連銘柄の本命も紹介

注目テーマ「旅行」 GoToトラベル再開/アフターコロナでどうなる?関連銘柄の本命も紹介

【QUICK Money World 辰巳 華世】旅行関連銘柄への注目が高まっています。新型コロナウイルス感染拡大による観光客の激減で打撃を受けた旅行業界ですが、新型コロナの感染拡大が一服したこともあり、回復の兆しが見え始めています(2021年末時点)。今回は旅行関連銘柄への投資に興味がある人向けに、旅行関連の銘柄が注目される理由、2021年~2022年における旅行関連の銘柄の動向について、旅行の関連銘柄とは、旅行関連の注目銘柄について紹介します。

旅行関連の銘柄が注目される理由

旅行業界は景気に一定の影響を与えています。観光庁が公表している新型コロナウイルス感染症拡大前の2019年の旅行消費額は29.2兆円でした。日本経済の貢献度として、旅行関連事業の生産波及効果は55.8兆円、波及効果を含めた雇用誘発効果は456万人に上ります。

出所:官公庁

新型コロナの影響で大きく落ち込んだ旅行関連事業ですが、足元では新型コロナのワクチン接種が進んだことなどで感染者数が急減しており、行動制限の緩和への期待が高まっています。政府は国内旅行の需要喚起策「Go Toトラベル」を2022年1月中旬に再開する方向で調整しています。

コロナ禍前の様に外国人訪日客の増加を期待することはすぐには難しいかもしれませんが、日本人による国内旅行の回復だけでも大きな景気刺激となります。2019年の29.2兆円の旅行消費額のうち、22.3兆円の76.4%が日本人国内旅行によるものでした。

旅行関連事業は、コロナ禍で大きな被害を受けた業界の一つですが、ウィズコロナ/アフターコロナ時代で再び旅行需要の拡大が期待されています。鉄道や航空会社、ホテル産業、旅行予約の関連事業、ご当地関連商品など多くの分野で期待が高まっています。

 

2021~22年の旅行関連の銘柄の動向について

足元の日本では、緊急事態宣言が解除され、全国の新型コロナの新規感染者数は減少傾向にあります。このまま減少傾向が続くもしくは沈静化すれば、旅行関連の銘柄の需要も上がると考えられます。政府も2022年1月中旬から新型コロナのワクチンの接種者らを対象に行動制限を緩和する枠組み「ワクチン・検査パッケージ」を活用した上でGo To トラベルを再開する方向で調整しています。

一方で、第六波への懸念もくすぶっています。欧州などで新型コロナの感染が再拡大しています。新型コロナの変異型「オミクロン型」も心配されます。日本でも「2022年初頭から再び新規感染者が増加するのではないか」という警戒もあり、今後の旅行関連の銘柄の動向が注目されています。

旅行の関連銘柄とは

旅行関連銘柄は多岐に渡ります。観光で利用される交通機関や関連する企業は関連銘柄です。空の便では、日本航空(9201)やANAホールディングス(9202)、鉄道では東武鉄道(9001)や東日本旅客鉄道(9020)などがあります。

旅行や観光に関連する企業では、近畿日本ツーリストなどを傘下に持つKNT-CTホールディングス(9726)、エイチ・アイ・エス(9603)、ユーラシア旅行(9376)、旅工房(6548)、ベルトラ(7048)どがあります。

宿泊予約サイトを運営する企業も関連銘柄です。旅行比較サイト「トラベルコ」を運営するオープンドア(3926)や航空券予約サイト運営のエアトリ(6191)やアドベンチャー(6030)があります。

 

旅行関連の注目銘柄

Go To トラベルを再開期待もあり、上で述べた通り、旅行関連の銘柄に注目が集まります。旅行会社のエイチ・アイ・エス(9603)、近畿日本ツーリストなどを傘下に持つKNT-CTホールディングス(9726)、ユーラシア旅行(9376)、旅工房(6548)、ベルトラ(7048)、航空関連では、日本航空(9201)、ANAホールディングス(9202)、鉄道では東日本旅客鉄道(9020)、東武鉄道(9001)です。「トラベルコ」を運営するオープンドア(3926)や航空券予約サイト運営のエアトリ(6191)やアドベンチャー(6030)も注目銘柄です。

一方、QUICK Money Worldでは、GoToキャンペーンの関連銘柄や、アウトドアの関連銘柄の一覧も紹介しているので、こちらもご覧ください。

<テーマ株>

まとめ

旅行の関連銘柄は旅行代理店に限らず、鉄道・航空業界、宿泊予約サイトを運営する企業など、影響を受ける業界が幅広いです。行動制限の緩和に伴い旅行需要の回復も期待されるので、今後の動向に注目です。

※QUICK Money Worldは金融市場の関係者が読んでいるニュースが充実。マーケット情報はもちろん、金融政策、経済を情報を幅広く掲載しています。会員登録して、プロが見ているニュースをあなたも!

読める記事がもっと充実!無料会員登録バナー

著者名

QUICK Money World 辰巳 華世


銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる