QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース ソフトバンクGは7位、ファストリは15位に転落 21年の時価総額ランキング

ソフトバンクGは7位、ファストリは15位に転落 21年の時価総額ランキング

最終更新 2021/12/28 10:00 日本株 時価総額 NQNセレクト

【日経QUICKニュース(NQN) 岡田真知子】2021年の東京株式市場も残すところあとわずか。今年の日経平均株価は心理的節目の3万円を超える場面もあり、9月14日には約31年ぶり高値となる3万0670円を付けた。足元では上値の重い展開が続くが、12月24日終値時点では年初来では約5%高い。 2021年はどんな銘柄が市場の評価を上げ、あるいは下げたのか。東証1部に上場する企業で20年末と21年12月24日の時価総額の上位30社をランキングにした。 1位は盤石のトヨタ。新型コロナウイルスの感染拡大が減産につながり株価が調整した時期もあったが、EV(電気自動車)関連の投資計画などが評価され...


投資経験 10年以上
投資商品

寄与度が高いソフトバンクGとファストリの下落の結果、TOPIXに比べて日経平均の年間成績が悪くなったのでしょうかね。

58/500
 

2021/12/31 15:01

コメント
0/500
 

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる