QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 地政学リスク後退で円売り再開、一段の円安の可能性も

地政学リスク後退で円売り再開、一段の円安の可能性も

【日経QUICKニュース(NQN) 岩本貴子】外国為替市場で円相場が1ドル=115円の節目に再び近づいている。28日の東京市場では一時114円96銭と1カ月ぶりの安値をつけた。日米の主要株式指数が堅調に推移し「低リスク通貨」とされる円には売りが出やすくなっている。ウクライナを巡る地政学リスクがいったん後退していることも円売りの材料として受け止められている。円相場は下値を切り下げ、115円台定着から下値を探る展開になりそうだ。 ■ウクライナ問題の緊張緩和 27日の米株式市場では主要3指数がそろって上げた。28日の東京株式市場でも日経平均株価は上昇した。市場参加者は運用リスクをとる姿勢を強め...


ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる