QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース コンピューター取引「オーバーシュートモデル」復活、ドル円の視界に122円

コンピューター取引「オーバーシュートモデル」復活、ドル円の視界に122円

【NQNシンガポール=編集委員 今 晶】4日の東京外国為替市場で円相場が下げ足を速め、一時1ドル=115円80銭台と5年ぶりの安値を付けた。新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」への懸念が薄れるとともに米景気の強さに再び焦点が当たり、コンピューターを駆使した投資家による売りが復活してきた。新年に入って米国勢を中心に損益がリセットされた影響もあり、売りが出やすくなっている。 ■強すぎる勢い オミクロン型はワクチンを打てば重症化のリスクが小さいとの見立てから、インフルエンザのように特定の場所での定期的な感染で管理可能な状況を示す「エンデミック」を想定する投資家が増えている。特にコンピュー...


ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる