QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース マザーズ指数の急落、不穏な噂すら飛び交うインパクト

マザーズ指数の急落、不穏な噂すら飛び交うインパクト

最終更新 2022/1/5 19:24 日本株 マザーズ指数 NQNセレクト

【日経QUICKニュース(NQN) 中山桂一、鈴木孝太朗】5日の新興企業向け市場で東証マザーズ指数が3日続落し、終値は927.69と2020年5月以来の安値となった。下落率は5.02%と2020年11月以来、1年2カ月ぶりの大きさだ。米長期金利の先高観が根強いなかで、世界的に成長株には逆風が吹いている。そのなかで、21年12月の新規株式公開(IPO)ラッシュの影響が尾を引き、日本の新興市場には悲観ムードすら漂っている。 ■止まる押し目買い 「下値を拾っていく動きはすでに一巡したのではないか」。ある地場証券のディーラーはこう指摘する。マザーズ指数が1000近辺で短期的な反転を狙った買いが入っ...


銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる