QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 買いの主役は日銀から自社株買いへ、海外の先物2.8兆円売り越しは投機筋?

買いの主役は日銀から自社株買いへ、海外の先物2.8兆円売り越しは投機筋?

最終更新 2022/1/11 15:00 日本株 投資部門別 NQNセレクト

【日経QUICKニュース(NQN) 岡田真知子】2021年、日本株にとっての買い主体の主役が交代した。20年まで一番の買い主体とされてきた日銀が上場投資信託(ETF)の購入方針見直しで買い入れ額が激減。その役回りを担ったのは企業の自社株買いだった。東証株価指数(TOPIX)が年間で10%上昇するなか、逆張りの投資方針とみられてきた個人投資家が現物株を買い越したことも特徴的だ。 東京証券取引所が発表する投資部門別売買動向(東京・名古屋2市場、1部、2部と新興企業向け市場の合計)のデータを集計した。企業の自社株買いなどを反映する事業法人は現物株を年間で約1兆5500億円買い越した。 事業法人は...


銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

この記事の関連銘柄

日本郵政
943.7
前日比-1.8 (-0.19%)
日本郵政の株価を見る

その他の関連銘柄

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる