QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース オリンパスの株価が急落、立会外取引で売ったのは誰だ(日本株ストラテジー)

オリンパスの株価が急落、立会外取引で売ったのは誰だ(日本株ストラテジー)

【日経QUICKニュース(NQN) 中山桂一】13日の東京株式市場でオリンパス(7733)が急落し、一時は前日比7%安の2340円まで売られた。売買代金は293億円と最近にはない水準に膨らんだ。特段の材料は見当たらず、市場では朝の立会外取引での大口売買が話題となった。海外勢による保有株の売りではないかとの見方が聞かれる。 13日の8時台に、オリンパス株は立会外取引「ToSTNeT(トストネット)」の単一銘柄取引で大量の売買が成立した。価格は12日の終値に比べて97円50銭(3.9%)安い2420円。この値段で断続的に売買が成立し、計1300万株超の商いが寄り付き前までに成立した。 市場では...


銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

この記事の関連銘柄

オリンパス
2,669
前日比-47 (-1.73%)
オリンパスの株価を見る
対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる