QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 米株は軟調か、米政策正常化への警戒で(NY市場アウトルック) 最終更新 2021/12/27 12:00

米株は軟調か、米政策正常化への警戒で(NY市場アウトルック) 最終更新 2021/12/27 12:00

最終更新 2022/1/17 12:00 米株 NQNセレクト

【NQNニューヨーク=川上純平】今週(18~21日)の米株式相場は軟調な展開となりそうだ。米連邦準備理事会(FRB)が金融政策の正常化を早めるとの警戒感が引き続き相場の重荷となる。米長期金利の先高観が根強く、高PER(株価収益率)のハイテク株には割高感を意識した売りが出やすい。 ■利上げ予想は8割に 前週のダウ工業株30種平均は週間で319ドル(0.9%)安となった。パウエルFRB議長がインフレを抑えるため年内に保有資産の縮小を始める可能性を示唆。金融引き締めに消極的な「ハト派」で知られるブレイナード理事も「テーパリング(量的緩和の縮小)の完了後、できるだけ早く利上げを開始する準備を整え...


ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる