QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース コロナ前が見えた食品サービス・英コンパスの株価、インフレに強い事業内容を評価(欧州株ウオッチ)

コロナ前が見えた食品サービス・英コンパスの株価、インフレに強い事業内容を評価(欧州株ウオッチ)

最終更新 2022/5/27 16:00 米国・欧州 欧州株 NQNセレクト

【NQNロンドン=菊池亜矢】食品サービスの英コンパス・グループの株価がコロナ前の水準に近づいている。16日には過去1年(52週)の高値となる1841.98ペンスを付けた。その後は利益確定売りに押されたが、それでも23日終値は1730.50ペンスとコロナで急落した20年3月の安値(865.80ペンス)の2倍だ。インフレに対応したビジネスモデルが成長期待につながっている。

※コンパス・グループの株価

病院や高齢者介護施設、レジャー・スポーツ施設への給食など食品サービスのほか、ビル管理などサポートサービスを手掛ける。売上高の8割を食品サービスが占める。地域別の売上高は北米が6割、欧州が3割弱を占める。

2021年10月~22年3月期決算は売上高が前年同期比36%増の114億9900万ポンド、純利益は4.8倍の4億7700万ポンドだった。新規契約数の伸びが収益を押し上げた。顧客定着率は過去最高水準の95.8%とコロナ前の2019年(94.8%)から高まった。22年9月期通期の既存事業の売上高見通しは従来の前期比20~25%増から30%増に引き上げた。

今期は上半期だけで売上高が19年9月期通期の約6割に達し、通期では19年9月期を上回る勢いだ。上半期の売上高営業利益率は5.8%と前年同期の3.4%から大幅に改善した。

モルガン・スタンレーは「アウトソーシング(外部委託)が広がる流れの中でシェアを維持し、コストをうまく管理している」と評価した。値上げを進めながらも新規契約の獲得には勢いがあると指摘、「ディフェンシブでインフレに強いビジネスモデルは、我々の調査対象企業の中でも望ましい位置にある」とみる。

著者名

NQNロンドン 菊池 亜矢


ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

株式ランキング

コード/銘柄名 株価/前日比率
1
15,525
-3.86%
2
42,660
-3.7%
3
8058
三菱商
3,820
-5.37%
4
8031
三井物
2,829.5
-5.51%
5
1,196
-13.52%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
1,320
+29.41%
2
3686
DLE
404
+24.69%
3
1,560
+23.8%
4
1382
ホーブ
1,612
+22.86%
5
6,100
+19.6%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
3,560
-16.03%
2
8018
三共興
535
-15.74%
3
241
-15.73%
4
2345
クシム
576
-14.79%
5
588
-14.53%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
12,605
-3.33%
2
15,525
-3.86%
3
42,660
-3.7%
4
5,131
-1.98%
5
7203
トヨタ
2,067
-1.57%
対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる