QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 裁定取引の買い残が2週連続で減少

裁定取引の買い残が2週連続で減少

最終更新 2022/6/22 15:34 裁定取引 QUICK Market Eyes

東京証券取引所が6月22日発表した17日時点の裁定取引に係る現物ポジションで、買い残は前週に比べて1331億円減の8939億円だった。2週連続で減少した。一方、売り残は319億円増の2454億円だった。3週ぶりに増加した。 <金融用語> 裁定取引とは 裁定取引とは、価格変動において、同一の性格を持つ2つの商品の間で、割安な方を買い、割高な方を売ることにより、理論上リスクなしに収益を確定させる取引のこと。アービトラージともいう。 マーケットの価格が理論価格に近づき、乖離(かいり)がなくなることで、割高・割安な状態が解消された場合に、反対売買を行うことによって収益化する。 現在、裁定取引...


ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

株式ランキング

コード/銘柄名 株価/前日比率
1
4,280
+7.8%
2
6195
ホープ
256
+22.48%
3
320
+20.3%
4
1,488
+9.49%
5
9,730
+9.69%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
6195
ホープ
256
+22.48%
2
320
+20.3%
3
5380
新東
2,510
+16.2%
4
8891
AMGHD
1,220
+15.63%
5
1,139
+15.16%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
3782
DDS
64
-31.91%
2
1992
神通機
1,181
-11.6%
3
6186
一蔵
458
-11.58%
4
1,821
-11.34%
5
853
-10.96%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
5,457
-4.47%
2
21,490
+0.27%
3
46,760
-5.95%
4
14,835
-0.5%
5
11,435
-2.47%
対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる