QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース TSMC、反発する株価 経営陣「08年ほどの落ち込みはない」(Asiaウオッチ)

TSMC、反発する株価 経営陣「08年ほどの落ち込みはない」(Asiaウオッチ)

【NQN香港=川上宗馬】半導体受託生産で世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)の株価が反発している。14日の取引終了後の4~6月期決算発表に伴い、経営陣がコメントで「(リーマン・ショック時である)2008年のような大きなダウンサイクルにはならない」との認識を示し、株式市場で買い安心感につながった。半導体市況の急激な悪化への警戒感が強まるなか、その先を見据えて買いに動く投資家も出始めているようだ。

TSMC株は15日の台湾市場で一時、前日比19.00台湾ドル(4.0%)高の494.00台湾ドルまで上げた。年初来安値433台湾ドルを今月5日に付けてから反発しつつある。4~6月期決算は純利益が前年同期比76%増の2370億2700万台湾ドルとなり、QUICK・ファクトセットがまとめた市場予想(2202億1600万台湾ドル)を上回った。台湾ドル安が追い風となり、売上高総利益率は59.1%と、前四半期(55.6%)から3.5ポイント改善した。

7~9月期の売上高見通しは198億~206億米ドルと、中央値で4~6月期から11%程度の増加となる。インフレの加速による原材料コスト増などが押し下げて、売上高総利益率は57.5~59.5%と中央値で4~6月期から悪化する見込みだ。

これまで不足感が強まっていた半導体だが、足元で供給過剰に転じるとの懸念が急速に強まっている。TSMC株は今月5日の安値まで年初からほぼ3割下落していた。TSMCは14日の決算会見で、顧客が在庫水準の削減に動き始めており、23年上半期にかけて在庫調整が進むとの見方も示した。22年の設備投資は、一部が23年にずれ込むため、400億~440億米ドルとしている計画レンジの下方で着地する見通しだ。

経営陣によるリーマン・ショック時ほどの落ち込みには至らないとの認識や、市場予想を上回る7~9月期の売上高見通しを受け、投資家の過度な懸念が後退し、株価の反発につながっている。

著者名

NQN香港 川上 宗馬


ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

株式ランキング

コード/銘柄名 株価/前日比率
1
13,880
-1.03%
2
6273
SMC
58,220
-2.75%
3
7,749
+0.58%
4
76,710
-3.58%
5
35,700
-3.51%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
2,024
+24.63%
2
5035
HOUSEI
835
+18.6%
3
4,550
+18.18%
4
9271
和心
552
+16.94%
5
3906
ALBERT
4,845
+16.88%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
1,055
-19.15%
2
930
-17.33%
3
5820
三ッ星
5,880
-14.53%
4
770
-14.34%
5
991
-12.61%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
12,660
-4.16%
2
13,880
-1.03%
3
6273
SMC
58,220
-2.75%
4
76,710
-3.58%
5
7,749
+0.58%
対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる