QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース FRBが「ハト派」に傾いた?判断は時期尚早

FRBが「ハト派」に傾いた?判断は時期尚早

【NQNニューヨーク=横内理恵】米連邦準備理事会(FRB)は27日まで開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)で0.75%の利上げを決めた。パウエル議長は積極的な金融引き締めを続ける方針を改めて示しつつ、将来的な利上げペースの鈍化に言及した。この日のニューヨーク債券市場では金融政策の影響を受けやすい米2年物国債などに買いが集まったものの、FRBが「ハト派」化したと断言するには時期尚早といえそうだ。 27日は長期金利の指標となる米10年物国債の利回りが前日比0.03%低い(価格は高い)2.78%で終えた。とりわけ2年債の利回りは3.00%と、0.05%低下。パウエル議長の記者会見を受け、急ピッチ...


ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

株式ランキング

コード/銘柄名 株価/前日比率
1
603
-2.58%
2
16,240
-2.19%
3
1,217
+9.83%
4
6594
日電産
8,892
+1.5%
5
532
-7.95%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
6550
Unipos
174
+32.82%
2
1,459
+25.88%
3
2,649
+23.26%
4
469
+20.56%
5
1,470
+19.02%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
4
-20%
2
4422
VALUENEX
1,460
-11.51%
3
214
-8.54%
4
532
-7.95%
5
339
-7.88%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
13,125
+1.15%
2
16,240
-2.19%
3
9101
郵船
9,270
-0.96%
4
38,370
-0.85%
5
5,030
-0.71%
対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる