QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース ウクライナ侵攻半年、ロシア進出企業の事業判断とESGスコア(ESGブック)

ウクライナ侵攻半年、ロシア進出企業の事業判断とESGスコア(ESGブック)

記事公開日 2022/9/1 17:00 最終更新日 2022/9/1 18:51 ロシア ESGスコア アラベスクS-Ray ウクライナ問題 ESGブック ESG

ロシアが2022年2月24日にウクライナに侵攻してから8月24日で6カ月が経過した。その間、ロシアで事業活動を行う企業に対する風当たりは強く、米名門大学のエール大学経営大学院の最高経営リーダーシップ研究所(Chief Executive Leadership Institute)は、ロシアで事業を活動していた企業のリストを公開し、ロシアから撤退しているか、事業活動を継続しているかをウェブサイトで情報提供している。今回は、このウェブサイトから日本企業を取り挙げて、この半年間のESGスコアの推移を確認してみたい。

同ウェブサイトによると、執筆時点の最新更新日は8月26日となっており、日本企業は64社が掲載されている。このうち、ジェーシービー、矢崎総業、YKKは非上場企業のため、現在ESGブックではスコアの対象となっていない。また、ローランドは上場企業であるが、2020年12月に再上場し間もないため、スコアの対象となっていない。これらの4社を除いた60社で分析してみたい。

ロシアによるウクライナ侵攻により、経済制裁をロシアに科している中、事業活動の継続可否の判断が問われている。そこで、ここではESGスコアと人権や労働を評価するサブスコアの社会(S)スコア、そして企業倫理や透明性を評価するサブスコアのガバナンス(G)スコアの推移を60社で確認してみたい。この半年間でESGスコア、社会(S)とガバナンス(G)のサブスコアの下落した企業は下表のようであった。

(表1)ESGスコアがこの半年で下落した、ロシアに進出していた日本企業数

※(表1)ESGスコアがこの半年で下落した、ロシアに進出していた日本企業数

出所:ESGブックのESGスコアおよびESGスコアのSとGのサブスコア。2022年2月24日と8月24日の各スコアを比較

ロシアにおける事業の継続可否のみが影響を及ぼしているとは限らないが、いずれのスコアも同ウェブサイトに掲載された企業の半数程度のスコアはこの半年間で下落していることがわかる。

同ウェブサイトでは、掲載している日本企業64社について、各社の関与状況のグレードを5段階で評価している。

(表2)ロシアに進出していた日本企業の関与状況

※(表2)ロシアに進出していた日本企業の関与状況

出所:エール大学の経営大学院最高経営リーダーシップ研究所の”Yale CELI List of Companies Leaving and Staying in Russia”のウェブサイト(yalerussianbusinessretreat.com)から事業関与のグレードの社数は8月26日の同ウェブサイトのアップデート情報を元に筆者作成

このように、64社の日本企業の事業継続のグレードは大きく分かれていることがわかる。撤退や一時中止を決めた企業は合計37社と半数以上となっている一方、縮小や検討中として事業自体は続けていると判断された企業は12社、そして、事業を現在も継続していると判断された企業は15社ある。

そこで、事業を継続している企業14社(15社のうちの1社は非上場企業の矢崎総業のため下表から除く)のスコア推移をまとめてみたい。

(表3)ロシアでの事業を継続している日本企業のESGスコア

※(表3)ロシアでの事業を継続している日本企業のESGスコア

出所:ESGブックの各日付のESGスコアと社会(S)、ガバナンス(G)のサブスコアを使用。企業はエール大学の経営大学院最高経営リーダーシップ研究所の”Yale CELI List of Companies Leaving and Staying in Russia”のウェブサイト(yalerussianbusinessretreat.com)のDigging Inから8月26日のアップデートを元に筆者作成。証券コードを付け、コード順に並べ替え

14社のうち、ESGスコアが半年間に下落した企業は6社、社会(S)のサブスコアが下落した企業は5社、そしてガバナンス(G)のサブスコアが下落した企業は9社あった。このカバナンスのサブスコアの下落した企業が14社中9社ということは、ロシア事業を継続していると判断されていることが、ある程度影響しているのではないかと思われる。さらに、3つのスコアともに下落した企業は2社、東京電力ホールディングスと沖電気工業であった。

今回の分析は、ロシアによるウクライナ侵攻が行われている半年間のスコア推移に限定した。ESGブックのスコアは日々のニュースも反映される。ロシアへの経済制裁が行われている中、事業を継続していると判断された上場企業はメディア等でも多く取り上げられたため、その結果がある程度示されたのではないかと思う。傾向をさらに分析するためには、日本と同じようにロシアへの経済制裁を行っている国々の状況を見てみる必要があるだろう。

雨宮 寛(あめみや・ひろし)
アラベスクS-Ray社日本支店代表。アラベスク・グループの日本事業の責任者。アラベスク以前は外資系金融機関で運用商品の開発に従事。CFA協会認定証券アナリスト。一般社団法人日本民間公益活動連携機構アドバイザー、明治大学公共政策大学院兼任講師。NPO法人ハンズオン東京副代表理事。ハーバード大学ケネディ行政大学院(MPA)、コロンビア大学経営大学院(MBA)。

著者名

アラベスクS-Ray社日本支店代表 雨宮 寛


ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードから探す

株式ランキング

コード/銘柄名 株価/前日比率
1
8,849
-7.66%
2
7273
イクヨ
3,320
+93.47%
3
4541
日医工
144
+37.14%
4
4575
CANBAS
1,079
-5.01%
5
3,385
+3.51%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
7273
イクヨ
3,320
+93.47%
2
4541
日医工
144
+37.14%
3
853
+21.33%
4
5380
新東
2,880
+21%
5
4422
VALUENEX
1,768
+20.43%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
657
-15.98%
2
1,420
-9.95%
3
830
-9.68%
4
8918
ランド
10
-9.09%
5
1,212
-8.94%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
25,205
-2.88%
2
14,725
-0.84%
3
8,845
-7.67%
4
5,951
-1.47%
5
81,470
+1.73%
対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる