QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 森永乳業(2264) 原材料やエネルギー価格の上昇などコスト増が厳しい

森永乳業(2264) 原材料やエネルギー価格の上昇などコスト増が厳しい

QUICK企業価値研究所アナリスト 篠崎智明(2022/09/09)

・1Qは36%の営業減益
 23/3期1Qの連結業績は、売上高が前年同期比1.6%増の1303億円、営業利益が同36.2%減の63億円だった。新型コロナウイルス感染拡大の影響が和らぎ、B to B事業で業務用乳製品などの販売が回復。海外事業でも育児用ミルクなど輸出が堅調に推移し、連結売上高は増収を確保した。一方、栄養・機能性食品事業や主力食品事業の高採算商品の販売が伸び悩んだことに加えて、原材料やエネルギー価格の高騰が影響し、連結全体で大幅な営業減益を余儀なくされた。

・23/3期以降の連結業績予想を据え置く
 企業価値研究所では、23/3期以降の連結業績予想について、従来予想を据え置く。23/3期について、売上高を前期比1.3%増の5100億円、営業利益を同11%減の265億円とした。24/3期は売上高を前期比1%増の5150億円、営業利益を同5.7%増の280億円。25/3期は売上高を同1%増の5200億円、営業利益を同7.1%増の300億円と予想した。

・リスクファクター ~原材料高による採算の悪化

・アナリストの投資判断 ~当面の株価は市場平均を下回って推移しよう
 23/3期以降の連結業績予想を据え置いたが、1Qは機能性ヨーグルトやビバレッジなど同社が強みとする高採算商品の販売動向が芳しくなかった。2Q以降の販売環境の改善を予想するが、原材料やエネルギー関連のコスト増などを吸収するには至らないとみている。機能性ヨーグルトやラクトフェリンなどの高採算な成長ドライバーを有している点は評価できるが、現状では中期的な成長シナリオを描きにくくなっている。当面の株価は市場平均を下回って推移するだろう。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

著者名

篠崎 智明

シニアアナリスト

食料品担当


【プロフィール】

首都大学東京都市教養学部(現東京都立大学法学部)卒業。地方銀行に入社し、支店勤務、日本経済研究センター出向、銀行系シンクタンク出向を経て、2020年QUICK企業価値研究所に入社。

マクロ経済の分析経験を活かしつつ、取材などを通じて個社を多角的に評価できるよう努めている。


日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)


銘柄名・銘柄コード・キーワードから探す

株式ランキング

コード/銘柄名 株価/前日比率
1
993
-2.16%
2
5032
ANYCOLOR
8,680
-17.49%
3
2,632.5
-2.42%
4
4307
NRI
3,105
+2.64%
5
83,890
+3.1%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
152
+49.01%
2
107
+38.96%
3
399
+18.75%
4
24
+14.28%
5
9223
ASNOVA
1,928
+13.07%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
5032
ANYCOLOR
8,680
-17.49%
2
7,250
-16.66%
3
1689
ガスETF
3
-14.28%
4
4499
Speee
1,735
-13.33%
5
1,123
-12.94%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
26,965
+0.93%
2
14,495
+0.38%
3
83,890
+3.1%
4
6,068
+0.21%
5
10,050
+5.18%
対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる