QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 三井不動産(8801) 一部セグメント別で見直しも、中期的な利益成長を見込む予想を維持

三井不動産(8801) 一部セグメント別で見直しも、中期的な利益成長を見込む予想を維持

QUICK企業価値研究所アナリスト 細貝広孝(2022/12/01)

・23/3期通期は賃貸事業の伸びなどで営業増益予想
 23/3期通期の連結業績に関して企業価値研究所では、セグメント別では一部見直したが、営業収益2兆2000億円(前期比5%増)、営業利益3000億円(同22%増)は前回予想(22年8月)を据え置いた。賃貸収益の伸びが利益をけん引するとみている。

・中期的にも過去最高益更新を見込む予想を維持
 続く24/3期、25/3期に関しても当研究所では、増収増益を見込んだ前回予想を維持する。国内外の賃貸収益拡大、高水準な物件売却の継続などで、中期的にも過去最高益の更新が続くとみている。

・上期は国内外の賃貸収益拡大などで営業3割増益
 23/3期上期の連結業績は、営業収益が前年同期比6%増の1兆570億円、営業利益が同30%増の1315億円に。全セグメントで営業増益もしくは営業損益が改善した。海外大型オフィスの稼働に加え、国内賃貸収益の堅調推移、国内外の物件売却益拡大も寄与した。

・リスクファクター ~金利、土地価格、建築費の上昇

・アナリストの投資判断 ~中期的な利益成長で株価に上値余地
 株価は15年8月に3879.0円の高値をつけたあと、株式相場全体の動きを背景に下落。3000円近辺で上値の重い展開が続き、新型コロナ影響で同社の株価は20年3月に1538.0円の安値を付けた。その後は戻り基調になり、利益成長への期待感もあって22年6月には戻り高値の3023.0円をつけたが、再度3000円近辺に抑えられ、足元は2000円台後半で推移している。当研究所では中期的な利益成長を予想している。当研究所の想定のように利益成長が継続すれば、株価もこれを織り込んで上値を切り上げる公算が大きいと考える。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。


銘柄名・銘柄コード・キーワードから探す

株式ランキング

コード/銘柄名 株価/前日比率
1
4063
信越化
18,305
+4.09%
2
8306
三菱UFJ
978
+2.73%
3
3,165
-3.65%
4
9101
郵船
3,040
-3.94%
5
5132
pluszero
6,400
+0.78%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
298
+36.69%
2
232
+27.47%
3
9914
植松商
851
+21.39%
4
523
+18.05%
5
523
+18.05%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
2
-33.33%
2
701
-15.03%
3
765
-11.25%
4
955
-10.32%
5
2,420
-10.2%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
25,980
-1.1%
2
8306
三菱UFJ
978
+2.73%
3
4063
信越化
18,305
+4.09%
4
9101
郵船
3,040
-3.94%
5
5,800
+2.72%
対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる