QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース トヨタ株が反発 きょうから14工場順次再開、29日分は挽回可能

トヨタ株が反発 きょうから14工場順次再開、29日分は挽回可能

記事公開日 2023/8/30 11:30 最終更新日 2023/8/30 15:34 国内株式市場サマリー 日本株 QUICK Market Eyes

【QUICK Market Eyes 中田 真裕、中山 桂一】トヨタ自動車(7203)が反発。株価は一時32円(1.3%)高の2463円まで上昇した。29日大引け後、同社ウェブサイトで、システムの不具合により稼働を停止していた国内全14工場を30日から順次再開すると発表した。前日午前に稼働停止が伝わり、株価は下落して終えていた。早期の稼働再開により生産への影響が限られるとの見方から買い戻しの動きが広がっているようだ。

発表によると暫定的にシステムを立ち上げて稼働を順次再開する。朝に12工場、昼以降に残る2工場が再開を予定している。

■トヨタ広報「稼働停止していた29日分の挽回生産は可能」

トヨタ自動車(7203)は30日、システム不具合により前日に停止していた国内全14工場の稼働を順次再開した。国内12工場25ラインで朝から生産を始め、昼以降の2直シフトから全工場で稼働を再開する見込み。トヨタの広報担当がQUICKの電話取材に応じ「29日の稼働停止に伴う生産影響は公表していないが、1日分の挽回生産は可能だと考えている」と述べた。今回の稼働停止を要因として年間の生産目標を引き下げる可能性はないとした。

29日に不具合が起きたのは「生産指示システム」で、仕入れ先などに部品を発注する処理ができなくなった。暫定的にシステムを立ち上げて稼働再開にこぎつけた。

トヨタはシステム不具合について「サイバー攻撃ではないと認識している」との見解を示している。広報担当者は「現時点でサイバー攻撃を受けたという証拠がないため」と説明した。今後も原因究明を続け、必要に応じて原因などを公表する可能性があるとした。

著者名

QUICK Market Eyes 中田 真裕

著者名

QUICK Market Eyes 中山 桂一

2008年QUICK入社。13年に日本経済新聞社商品部(当時)に出向し記者職に就く。その後も日経QUICKニュース(NQN)社やQUICKデリバティブズコメント、エクイティコメントでマーケットの最前線でプロ向けの執筆業務に携わる。


銘柄名・銘柄コード・キーワードから探す

株式ランキング

コード/銘柄名 株価/前日比率
1
7203
トヨタ
2,680.5
-4.07%
2
8306
三菱UFJ
1,257
+0.23%
3
777.8
+1.67%
4
35,150
-2.9%
5
1,072
+1.99%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
198
+33.78%
2
1,912
+26.45%
3
2,808
+21.66%
4
69
+21.05%
5
8842
楽天地
6,140
+19.45%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
7615
YU-WACHD
166
-23.14%
2
2,008
-14.8%
3
428
-12.47%
4
85
-12.37%
5
684
-11.85%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
34,360
-0.95%
2
19,605
-3.66%
3
7203
トヨタ
2,680.5
-4.07%
4
8306
三菱UFJ
1,257
+0.23%
5
777.8
+1.67%
対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる