個人投資の未来を共創する
QUICKとFinatextの金融情報プラットフォーム

ホーム ニュース・記事 【速報】トランプ米大統領が一般教書演説 インフラ投資「1.5兆ドルを」関連銘柄は?

【速報】トランプ米大統領が一般教書演説 インフラ投資「1.5兆ドルを」関連銘柄は?

最終更新 2018/1/31 12:30

トランプ米大統領は日本時間31日午前11時過ぎから、上下両院合同会議で米国の内政と外交の施政方針を包括的に示す一般教書演説を行った。経済分野で注目のインフラ投資について、トランプ氏は「少なくとも1兆5000億ドル(約165兆円)を要求する」と述べ、超党派での関連法案を呼びかけた。

トランプ氏は「民主・共和の両党にお願いしたい。安全、速い、信頼できるインフラを作りたい。少なくとも1兆5000億ドルのインフラ投資を要求する。地方政府にもお金を出してもらって恒久的なインフラ投資を行いたい」と表明。インフラ投資の規模は従来示していた1兆7000億ドルから2000億ドルほど減ったが、GLOBEXの時間外取引でEmini-S&P500株価指数先物は小じっかり。ダウ株価指数先物も小幅に上昇しており、インフラ投資の規模縮小を警戒する動きは特にみられていない。

インフラ投資関連株は再び注目される可能性もありそうだ。キャタピラーやディーアなどのインフラ投資関連株は「トランプ銘柄」の一角として2016年の米大統領選直後に話題となった。特にキャタピラーは大統領選から足元の1月30日までに96%上昇し、ダウ工業株30種平均を大きくアウトパフォームしている。

【インフラ投資関連銘柄の米大統領選以降の上昇率】
キャタピラー                   95.53%
ディーア                    89.34%
グラニテ・コンストラクション 41.59%
カミンズ                    43.66%
フルーア                    34.57%
————————————————————-
ダウ工業株30種平均         42.81%
(注)上昇率は2016年11月8日の大統領選から直近1月30日までで算出

【キャタピラー(青)とダウ平均(緑)の株価推移】

キャタビラー

【一般教書演説の経済分野でのトランプ氏の主な発言は以下の通り】

「株式市場が次々と記録を更新した、8兆ドル以上の価値がこの短期間で増えた」

「エクソン・モービルが500億ドルの投資を米国に行うと先ほど発表した」

「トヨタとマツダもアラバマに新工場を作る」

「今後の通商関係は公正で双務的なものになる。今後の通商関係は再交渉する」

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

記事・新着ニュース

記事
記事がありません。

ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す