個人投資の未来を共創する
QUICKとFinatextの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース テンセント決算予想 ゲーム好調で5割増収か 課題はコンテンツコスト抑制

テンセント決算予想 ゲーム好調で5割増収か 課題はコンテンツコスト抑制

QUICKは「アジア特Q便」と題し、アジア各国・地域のアナリストや記者の現地の声をニュース形式で配信している。今回はフィリップ証券(香港)のルイス・ウォン(Louis Wong)氏が香港上場の中国インターネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)についてレポートした。

テンセントが21日に2017年12月期決算を発表する。アナリスト予想では売上高は前の期比57.9%増の2398億人民元、純利益は64.6%増の676億4000万元。1株当たり利益(EPS)は57.5%増の6.9元が見込まれている。

17年1~9月期のテンセントの売上高は、前年同期比59%増の1713億元だった。スマートフォン向けゲームやPCゲームのほか、決済関連サービスやデジタルコンテンツ販売、オンライン広告もけん引した。純利益は44%増の507億元だった。テンセントの17年12月期の市場予想をもとに試算すると、第4四半期(17年10~12月期)は売上高が5.1%増の685億元、純利益が5.9%減の169億4000万元だったことになる。

この1年のテンセントの株価の推移

事業別でみると、付加価値サービス(オンラインゲームやPCクライアントゲーム、ソーシャルネットワーク関連)が引き続きテンセントの主な収益源となっている。1~9月期の付加価値サービスの売上高は前年同期比45%増の1140億元で、売上高全体の66.5%を占めた。粗利益は33.3%増の689億元で、全体の80.7%に達していた。

オンライン広告業務の売上高は50.3%増の280億元(全体の16.3%)、粗利益は32.9%増の102億5000万元(全体の12%)。決済関連業務やクラウドサービスの売上高は171.5%増の292億5000万元と大幅に伸び、粗利益も337%増の62億64000万元に拡大した。

テンセントの交流サイト(SNS)「QQ」の月間アクティブユーザー数(MAU)は17年9月末時点で前年同期比3.8%減の8億4300万人で、ブログサービス「QQ空間」のMAUは10%減の5億6800万人だった。

一方、チャットアプリ「微信(ウィーチャット)」のMAUは9億8000万人と15.8%増えた。1日当たりのメッセージ送信数は25%増の約380億件に達した。月間のアクティブ公式アカウント数は14%増の350万件、公式アカウントの月間アクティブフォロワー数は19%増の7億9700万人だ。QQユーザーの伸びが頭打ちになる一方、ウィーチャットのユーザーが引き続き増えているということが、これらのデータからうかがえる。

注意すべき点は、テンセントが売上原価について一定程度のプレッシャーを抱えているということだ。ゲームを中心とする付加価値サービス事業の7~9月期の売上原価は前年同期比73%増え169億元に上った。レベニューシェアやコンテンツコストが比較的多いことに加え、第三者との提携によってアプリケーションストアのスマートフォン向けゲームチャネルのコストが増えたことが主な要因だ。 今後いかにしてコスト増を抑えるかが、テンセントの課題となる。

※アジア特Q便は、QUICK端末で先行してご覧いただけます。

本情報は、情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘することを目的としたものではありません。有価証券その他の取引等に関する最終決定は、お客様ご自身のご判断と責任で行って下さい。株式会社QUICKおよび情報提供元であるルイス・ウォン氏は、本情報を利用して行った投資等により、お客様が被った、または、被る可能性のある直接的、間接的、付随的または特別な損害またはその他の損害について、一切責任を負いません。

関連記事・ニュース

記事
記事がありません。

ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す