個人投資の未来を共創する
QUICKとFinatextの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 日銀のオペ減額に「想定外」「絶妙」……意表突かれた債券市場

日銀のオペ減額に「想定外」「絶妙」……意表突かれた債券市場

日銀は1日、同日実施する国債買い入れオペ(公開市場操作)について、残存期間「5年超10年以下」の買い入れ額を4300億円と前回(4500億円)から減額した。債券先物相場が急落するなど大きく反応した市場。一様に驚きを隠せない関係者の声を、QUICKデリバティブズコメントチームが取材した。

▼「とりあえずは絶妙なタイミング、今後は外人動向に注目」
「ちょっとびっくりした。このタイミングは意外感がある。何故か為替は円安に振れており、金利もそれほど跳ねていないので、絶妙のタイミングだったということか? 今後の注目は外人動向だろう。足元は先物に買戻しを入れているが、今回の減額をどの様に解釈し、どの様なポジションをとるか、要注目だ」(債券ストラテジスト)

※国債先物には発表直後に売りが膨らんだ

▼「やるなら、このタイミングと言われていたが、想定外」
「昨日発表されたオペのスケジュールをみると、月の前半がタイトになっていた。金利は下がりやすいことから『(減額を)やるなら、このタイミング』という声はあった。ただ、実際にやると思っていた人は、ほぼいなかった。200億円の減額は、増額分を戻しただけ。対象は、中期は金利があまり下がっておらず、超長期は為替が怖いので、消去法的に長期ということだろう。10年は一旦売られるだろう。ただ、0%超で最も短い債券であること、上がり過ぎれば指値オペが入ることから、押し目では買いが入ろう。0.05%を超えてくるか、微妙なところだ」(債券ストラテジスト)

▼「想定外、ちょっと買いにくくなった」
「イタリア問題など、リスクオフへの警戒感がくすぶる中、1月のトラウマもあって減額はできないと思っていた。完全に想定外だ。グローバルなフラットニングの流れの中で、カーブ上は超長期ゾーンに投資妙味があると考えていたが、今日の減額を見てしまうと、ちょっと買い難くなった」(投資顧問)

▼「ないとは思うが、連続減額の可能性は意識せざるを得ない」
「日銀がオペを減らしたいのは分かる。金利水準面からは、いつ減額しても不思議はなかった。タイミングだけが意外だ。今月のオペのスケジュールは月前半がタイトになっていることから、減額しても金利は跳ねないということなのかもしれない。そうだとすると、来週月曜日の超長期ゾーンのオペが減額される可能性もあるということになる。連続してやれば、メッセージ性が強すぎるので、ないとは思うが、意識せざるを得ない」(投資顧問)

▼「やる気満々の買い方がいるんだろうね」
 「セオリーに合わないよね。日銀がオペの減額に踏み切った。一瞬は円買いが進んで日経先物などにも売りが出た。その後の展開は説明できない。ナゼ買いが入ったのか。当社でもオーバーナイトのフローは結構な売り越しだった。前日に処理できなかった分が残っていたのもあって。それでもこの強さ。月初のアノマリーとして買い方がいるとしか思えない。やる気満々だよね、押したところから一気に入ってくるあたりがさ」(株式トレーダー)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

 

関連記事・ニュース

記事
記事がありません。

ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す