個人投資の未来を共創する
QUICKとFinatextの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース ETF分配金トレードに警戒感 先物売り4000億円の指摘も

ETF分配金トレードに警戒感 先物売り4000億円の指摘も

最終更新 2018/7/3 10:55 分配金トレード

株式市場の一部で上場投資信託(ETF)の分配金に伴う先物取引へ警戒感が出始めている。トレーダーは「ETFの分配金捻出のための先物売りは4000億円規模」と試算した。

「ETFの分配金支払いは7月に集中する。一般的に各銘柄の権利落ちのタイミングで先物を買い建て再投資を行い、分配金を支払う際にその先物を売却して現金化する。各指数構成銘柄の配当金を1度(年2回配当銘柄は2度)に現金化する売りとなり、インパクトが大きい。毎年この時期に話題になる。年6兆円に上る日銀ETF買いの影響が大きく、その規模は年々過去最高を更新している」という。

また「分配金の捻出は決算日に合わせてキャッシュ化できるよう売却することが多く、今年は8日と10日に集中している。8日には合計約1600億円だが、当日は日曜日のため実際のトレードは6日になるかもしれない。10日には約2000億円相当となりそう」との指摘もある。(岩切清司)

<日経平均株価やTOPIXに連動するETFの決算日一覧>

※市場価格や売買代金は7月2日時点

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事・ニュース

記事
記事がありません。

ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す