個人投資の未来を共創する
QUICKとFinatextの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 3452日の歴史、3451日の現実 S&P500にみる長期ブル相場の有効期限

3452日の歴史、3451日の現実 S&P500にみる長期ブル相場の有効期限

最終更新 2018/8/21 10:27 S&P500

20日の米国市場でS&P500種株価指数は一時2859.76まで上昇し、1月に付けたザラ場・終値ベースの史上最高値(2872.87)にあと13.11ポイント(0.4%)に迫った。先行き不透明が出ている割に強い地合いが続いている。

エバコアISIによれば前回のS&P500の長期上昇相場は1990~2000年に3452日続いたという。今回は3451日。2000年3月にS&P500がピークを打った際にFF金利は6.00%、10年債利回りは6.19%、株価収益率(PER)は31倍だったといい、ITバブル当時と現在を比較する事には違和感もあるが、その後、2001年3月に米国はリセッションを迎えた。長期ブル相場の最終局面が近いのだろうか。

ちなみにノムラ・セキュリティーズは19日付で「米国:追加関税による不確実性を我々の予想に組み込む」と題するリポートを公表し、2018年・19年の米国内総生産(GDP)予想をやや引き下げていた。(片平正ニ)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事・ニュース

記事
記事がありません。

ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す