QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKとFinatextの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 日産・ルノー、CDSが急上昇 信用力への影響どこまで 

日産・ルノー、CDSが急上昇 信用力への影響どこまで 

最終更新 2018/11/21 12:11 QUICK Market Eyes

「ゴーン事件」が社債市場やクレジット市場に及んでいる。20日、日産自動車の5年物CDSは前日比+17bpの53.5bpへと上昇した。QUICKがCDSを算出している日本企業の中では最も上昇幅が大きかった。またS&Pは同日、日産の格付け(シングルA格)を引き下げる方向で見なおすと発表した。

日産よりも格付けが低い仏ルノー(S&PでトリプルB)の5年物CDSは、事件の第一報が伝わった19日時点で146.73bp。前週末16日から23.52bpも跳ね上がった。

「日産の50bp台というのは、シングルA格の平均的な水準であり、ルノーとは雰囲気が違う。100bp前後がトリプルB程度となる。日産の社債を保有する投資家は、業者に対してBidを照会したようだが、マーケットには売り物は出ていないように思われる。いざとなれば、日銀による社債買い入れが支えとなると楽観的な市場参加者が多いように思われる」(クレジット・アナリスト)との見方も出ている。(丹下智博)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

この記事の関連銘柄

日産自動車
406
前日比-43.4 (-9.657%)
日産自動車の株価を見る