個人投資の未来を共創する
QUICKとFinatextの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 反トラスト疑惑の代償=14兆円なり GAFA株に売り広がる

反トラスト疑惑の代償=14兆円なり GAFA株に売り広がる

3日の米国株式市場で「GAFA」と呼ばれるアマゾンやアルファベット、アップル、フェイスブックのネット大手4社の株価が急落した。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が「米司法当局が反トラスト法(日本の独占禁止法に相当)違反の可能性を視野に調査を検討している」などと報じ、売りが広がった。

フェイスブックは7%安、アルファベット(グーグル)は6%安、アマゾンは4%、アップルは1%安。4社の時価総額は前日比1336億ドル減の2兆8195億ドルと、日本円に換算(1ドル=108円)すると1日で約14兆円が吹き飛んだ計算だ。(松下隆介)

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事・ニュース

記事
記事がありません。

ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す