個人投資の未来を共創する
QUICKとFinatextの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 不正会計疑惑GEさらなる窮地 CEOは直前「自社株買い」25万株

不正会計疑惑GEさらなる窮地 CEOは直前「自社株買い」25万株

最終更新 2019/8/16 11:14 GE マドフ事件 不正会計

QUICKコメントチーム=片平正二

電力事業の損失で巨額赤字になるなどして経営再建中のゼネラル・エレクトリック(GE)に、今度は不正会計疑惑が浮上した。

15日の米国市場でGE株は大幅続落し、11.29%安の8.01ドルで終えた。「マドフ事件」を告発したことで知られるハリー・マルコポロス氏がGEに関して不正会計の恐れがあるとする175ページに及ぶ報告書を発表。一時は8ドル割れとなり、1月3日以来の安値圏に沈んだ。

しかし時間外では通常取引終値比で3%ほど上昇し、8ドル台前半でやや下げ渋る動きとなった。この日に米証券取引委員会(SEC)に提出された報告書で、ラリー・カルプ最高経営責任者(CEO)が13日にGE株25万2200株を7.93ドルで買っていたことが明らかになった。

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事・ニュース

記事
記事がありません。

ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す