個人投資の未来を共創する
QUICKとFinatextの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 沈む金利 イタリア国債「魅惑」の1%割れ、米に超長期債の「誘惑」

沈む金利 イタリア国債「魅惑」の1%割れ、米に超長期債の「誘惑」

QUICKデリバティブズコメント=池谷信久、片平正二

金利低下が止まらない。8日の欧州債市場でイタリアの10年債利回りが一時、節目の1%を割り込み、過去最低を更新した。リセッション入りが懸念されるドイツの10年債利回りも一時過去最低を更新している。ユーロ圏については、ベンチマークのドイツ国債との比較で相対的に信用力が高くないイタリア国債が注目されている。

景気低迷期では通常、クレジットスプレッドが拡大するが、イタリアとドイツの金利差は縮小傾向にある。欧州中央銀行(ECB)の量的緩和再開への期待感に加え、独債利回りがマイナスに沈む中で、金利が高いイタリア国債が買われる需給要因が影響しているとみられる。イタリアの解散・総選挙が回避されるかもしれないとの期待も背景にあるようだ。

一報、ブルームバーグは米東部時間28日夕に、ムニューシン財務長官の発言として「超長期債の発行をとても真剣に検討している」と報道した。この日の米債市場で30年債利回りは1.907%まで下げ、史上最低水準を更新していた。超長期債の金利低下基調が強まる中、ムニューシン氏は「もし条件が正しければ、長期借入金を活用し、それを実行すると予想している」と述べつつ、関係者らが会合を開いて可能性を検討したことも明らかにしたという。

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事・ニュース

記事
記事がありません。

ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す