個人投資の未来を共創する
QUICKとFinatextの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース PIGSは昔々のお話 利回り低下、ギリシャ国債が米国並みに

PIGSは昔々のお話 利回り低下、ギリシャ国債が米国並みに

QUICKコメントチーム=丹下智博

2010年前後の欧州債務危機で世界を怯えさせた「PIGS」も、すっかり丸くなってしまった。時の流れと世界の変化を感じてしまう金利水準だ。

29日の欧州債券市場では、ギリシャの10年国債利回りが過去最低を更新し1.54%をつけた。危機対応で15年6月に導入した大規模な資本規制の一部がまだ残っていたが、9月1日に全面解除されると26日に表明されたことが好感された。プラス金利が残っているギリシャ国債に利回り狩りの買いが向かっている形だ。米国債利回り(1.497%)とあまり変わらない。

■ドイツ・イタリア・ギリシャ・ポルトガル・スペインの10年国債利回り

1%を割り込んでいたイタリア10年国債もさらに買い進まれ、一時0.93%をつけ過去最低を更新した。イタリア大統領がコンテ首相に組閣を命じたことで、解散総選挙の可能性が後退した。総選挙によるバラマキ(財政拡張)への警戒感からイタリア国債の買いに慎重な見方もあったが、イタリア政局のリスクが低下したと受け止められたようだ。

PIGSは当時、財政状態に不安があるとされた4ヵ国の頭文字だ。現在、ギリシャ、イタリア以外ではポルトガルの10年国債利回りが0.116%、スペインが0.093%にとどまる。危機時にギリシャ国債は10%超、イタリアとポルトガルが7%程度、スペインが5%台だった。

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事・ニュース

記事
記事がありません。

ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す