個人投資の未来を共創する
QUICKとFinatextの金融情報プラットフォーム

ホーム ニュース・記事 FF金利見通し、FRBと市場とのギャップ

FF金利見通し、FRBと市場とのギャップ

QUICKコメントチーム=池谷信久

18日に公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)メンバーによる政策金利見通し(ドットチャート)によると、17人のメンバーの予想中央値は19年末が1.875%、20年も1.875%で据え置きが見込まれている。21年はから利上げに転じ同21年末の予想は2.125%となっている。一方、FF金利先物が織り込む政策金利は21年末までに2~3回の利下げを織り込んでいる。

足元の経済指標は好調なものが増えている。景気先行き不安が後退すれば、利下げ期待が剥落し、金利上昇要因となる。一方、米中摩擦など不透明感は残り、トランプ米大統領からの緩和要求も続く見込みだ。1回程度の利下げを織り込み続けるとすれば、大きなギャップはないとみることもできる。

 

 

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

記事・新着ニュース

記事
記事がありません。

ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す