個人投資の未来を共創する
QUICKとFinatextの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 債券版のVIX高止まり、背景に「トランプ・プット」あり?

債券版のVIX高止まり、背景に「トランプ・プット」あり?

QUICKコメントチーム=池谷信久 

バンクオブアメリカ・メリルリンチが算出する債券相場の予想変動率を示す「MOVE指数」(グラフ赤)が高止まりしている。債券版の「恐怖指数(VIX指数)」とも言われており、債券市場の不安心理を表す指標とされる。

8月1日にトランプ米大統領が対中制裁関税「第4弾」発動を表明したことでMOVE指数、VIX指数ともに急上昇した。その後、本家のVIX指数(グラフ青)は落ち着いたにもかかわらず、MOVE指数が下がらないのは「トランプ・プット」が一因と言われている。

米中摩擦を背景に株価が下落すると、トランプ大統領は対中強硬姿勢を軟化させる傾向がある。いわゆる「トランプ・プット」だ。加えてFRBに対する金融緩和要請を強めることも多く、株価の下支え要因になっている。

一方、債券市場では既に複数回の利下げを織り込んでいる。政治的プレッシャーによる利下げと、利下げ期待の剥落という両面のリスクを警戒しなければならない。米中貿易交渉の行方が定まるまで、不安定な状態は続きそうだ。

QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事・ニュース

記事
記事がありません。

ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す