QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKとFinatextの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース ソフトバンクG(9984) 保有増加(7.27%→8.29%) 野村證券など[変更報告]

ソフトバンクG(9984) 保有増加(7.27%→8.29%) 野村證券など[変更報告]

最終更新 2019/11/22 14:03

提出書類:変更報告書(特例対象株券等)
対象:ソフトバンクグループ株式会社
提出者:野村證券株式会社
提出日時:2019.11.22 14:02

発行会社 ソフトバンクグループ 9984

報告義務発生日 2019.11.15
報告内容 変更報告書

共同保有 今回割合(%) 8.29
共同保有 前回割合(%) 7.27
保有株数(株) 173,299,248

提出者1 野村證券
今回割合(%) 2.78
前回割合(%) 2.06
保有株数(株) 58,161,764
保有目的 証券業務による保有
担保契約等重要な契約 担保として、資産管理サービス信託銀行株式会社へ60,000株 差入れている。 消費貸借契約により、有限会社孫ホールディングスから54,200,000株、機関投資家2名から730,300株、法人1名から10,400株、個人53名から311,400株、他個人から5,178,800株 借入れている。 消費貸借契約により、ノムラ インターナショナル ピーエルシー(NOMURA INTERNATIONAL PLC)へ4,676,876株、セントラル短資株式会社へ18,600,000株、機関投資家5名へ3,602,268株 貸出している。 プットオプションを617,182株 取得している。

提出者2 ノムラ インターナショナル ピーエルシー(NOMURA INTERNATIONAL PLC)
今回割合(%) 0.18
前回割合(%) 0.11
保有株数(株) 3,788,384
保有目的 証券業務による保有
担保契約等重要な契約 担保差入:3,567,300株 消費貸借契約により、野村證券株式会社から4,676,876株、ノムラ セキュリテーズ インターナショナル(NOMURA SECURITIES INTERNATIONAL,Inc.)から21,250株、機関投資家等から294,650株 借入れている。 消費貸借契約により、機関投資家等へ203,750株 貸出している。 プットオプションを1,228,982株 取得している。

提出者3 野村アセットマネジメント
今回割合(%) 5.33
前回割合(%) 5.10
保有株数(株) 111,349,100
保有目的 信託財産の運用
担保契約等重要な契約 消費貸借契約により、BNPパリバ証券株式会社へ2,537,500株、ソシエテ・ジェネラル証券株式会社へ2,292,400株、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社へ270,800株、クレディ・スイス証券株式会社へ26,400株 貸出している。
<提出者・共同保有者総括>
保有者1 野村證券
保有株数(株) 58,161,764
今回割合(%) 2.78

保有者2 ノムラ インターナショナル ピーエルシー(NOMURA INTERNATIONAL PLC)
保有株数(株) 3,788,384
今回割合(%) 0.18

保有者3 野村アセットマネジメント
保有株数(株) 111,349,100
今回割合(%) 5.33

変更報告書提出事由 ・株券等保有割合の1%以上の増加

※上記ニュースは金融庁のEDINET(金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム)に基づく情報であり、金融商品取引法上の公衆縦覧ではありません。また、以下の点にもご留意下さい。
①保有株数の増減がない場合でも、発行体のファイナンス等の関係で保有割合が変更となる場合があります。
②保有割合は、新株予約権等、潜在株を保有している場合、発行済株式数と自己の潜在株数の合計に対する割合となります。
③平成27年5月29日の法改正により、自己株式については保有株券等の数から除外されることとなりました。これに伴い、保有株数等が0と表示される場合があります。



※金融庁のEDINET(金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム)で開示された書類に基づく情報です。
※一部のお客様は参照文書にリンクできない場合があります。

【QUICK AI速報】本コンテンツは、最新の言語解析技術を活用して企業の開示資料の内容を読み取って自動生成しております。データが正しく生成されていない可能性もありますので、最終的には上記リンク先の元資料をご覧ください。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す