QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKとFinatextの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 日本オラクル(4716) 投資単位の引下げに関する考え方および方針等について

日本オラクル(4716) 投資単位の引下げに関する考え方および方針等について

最終更新 2020/6/25 15:00

開示会社:日本オラクル(4716)
開示書類:投資単位の引下げに関する考え方および方針等について
開示日時:2020/06/25 15:00

<引用>
1.投資単位の引下げに関する考え方当社は、投資単位の引下げがより多くの投資家の市場参加を促し、株式の流動性を高める有用な施策のひとつであると考えております。2.投資単位の引下げに関する方針株式の流動性確保については経営課題と認識しており、当社株式の売買単位は、すでに1単元100株であります。



免責文:
※東京証券取引所のTDnet(適時開示情報閲覧サービス)で開示された書類に基づく情報です。
※一部のお客様は参照文書にリンクできない場合があります。

【QUICK AI速報】本コンテンツは、最新の言語解析技術を活用して企業の開示資料の内容を読み取って自動生成しております。データが正しく生成されていない可能性もありますので、最終的には上記リンク先の元資料をご覧ください。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

この記事の関連銘柄