QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース ANA(9202) 第三者割当増資における発行新株式数の確定に関するお知らせ

ANA(9202) 第三者割当増資における発行新株式数の確定に関するお知らせ

最終更新 2021/1/8 15:00

開示会社:ANA(9202)
開示書類:第三者割当増資における発行新株式数の確定に関するお知らせ
開示日時:2021/01/08 15:00

<引用>
2020年11月27日開催の当社取締役会において、公募による新株式発行及び当社株式の売出し(オーバーアロットメントによる売出し)と同時に決議いたしました第三者割当による新株式発行に関し、割当先より発行予定株式数の一部につき申込みを行う旨通知がありました。

<引用詳細>
(1)発行新株式数9,485,200株
(発行予定株式数13,690,000株)(1株につき2,191.72円)(1株につき1,095.86円)(1株につき1,095.86円)
(5)申込期間(申込期日)2021年1月12日(火)
(6)払込期日2021年1月13日(水)
<ご参考>
1.上記の第三者割当増資は2020年11月27日開催の当社取締役会において、公募による新株
式発行及び当社株式の売出し(オーバーアロットメントによる売出し)と同時に決議されたものであります。当該第三者割当増資の内容等については2020年11月27日付の「新株式発行並びに株式売出しに関するお知らせ」及び2020年12月7日付の「発行価格及び売出価格等の決定に関するお知らせ」をご参照下さい。
2.今回の第三者割当増資による発行済株式総数の推移
現在の発行済株式総数474,808,361株(2021年1月8日現在)第三者割当増資による増加株式数9,485,200株第三者割当増資後の発行済株式総数484,293,561株ご注意:この記者発表文は、ANAホールディングス株式会社(以下「当社」という。)の新株式発行に関して一般に公表するための記者発表文であり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。また、本記者発表文は、米国における証券の募集を構成するものではありません。上述の証券は1933年米国証券法に従って登録がなされたものでも、また今後登録がなされるものでもなく、1933年米国証券法に基づいて証券の登録を行うか又は登録の免除を受ける場合を除き、米国において証券の募集又は販売を行うことは許されません。仮に、米国における証券の公募が行われる場合には、1933年米国証券法に基づいて作成される英文目論見書が用いられます。当該目論見書は、当社又は売出人より入手することができます。これには当社及びその経営陣に関する詳細な情報並びにその財務諸表が記載されます。なお、本件においては米国における証券の公募は行われません。また、この記者発表文に記載された予測、予想、見込みその他の将来情報は、本日現在当社が利用可能な情報及び一定の前提又は仮定に基づくものであり、実際の状況等は、国内外の経済情勢、航空行政、国内外での感染症の拡大、他社との競争環境、原油価格、為替動向その他のリスク要因により、この記者発表文に記載された将来情報と大きく異なる可能性があります。
3.今回の調達資金の使途
合対応力の向上と環境負荷の低減を実現するボーイング787型機(787-9型機及び787-10型機)の購入を含む設備投資資金に充当し、残額が生じた場合は、リスク耐性を高めるための財務基盤の強化として、2023年3月末までに長期債務の返済資金に充当する予定であります。詳細につきましては、2020年11月27日に公表いたしました「新株式発行並びに株式売出しに関するお知らせ」をご参照下さい。


決議日 2020年11月27日
<第三者割当による新株発行>
払込期日 2021年1月13日
<調達資金等について>
差引手取概算額 206億8190万2544円
調達資金使途 当該第三者割当増資と同日付で決議された国内一般募集及び海外募集による手取概算額275,399,153,200円と合わせ、200,000,000,000円を2023年3月末までに、中長期的な成長原資として、需給適合対応力の向上と環境負荷の低減を実現するボーイング787型機(787-9型機及び787-10型機)の購入を含む設備投資資金に充当し、残額が生じた場合は、リスク耐性を高めるための財務基盤の強化として、2023年3月末までに長期債務の返済資金に充当


免責文:
※東京証券取引所のTDnet(適時開示情報閲覧サービス)で開示された書類に基づく情報です。
※一部のお客様は参照文書にリンクできない場合があります。

【QUICK AI速報】本コンテンツは、最新の言語解析技術を活用して企業の開示資料の内容を読み取って自動生成しております。データが正しく生成されていない可能性もありますので、最終的には上記リンク先の元資料をご覧ください。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

この記事の関連銘柄

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる