QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース ピーバン(3559) 業績修正 決算スコア:-2.37 配当予想:増配

ピーバン(3559) 業績修正 決算スコア:-2.37 配当予想:増配

最終更新 2021/1/28 15:30

開示会社:ピーバン(3559)
開示書類:通期業績予想の修正及び株主優待制度の廃止、並びに配当予想の修正(増配)に関するお知らせ
開示日時:2021/01/28 15:30

<決算スコア> -2.37

予想期(通期) 2021/03
売上高(百万円) 1,923
前期比 -9.8% ●
会社予想比 -11.5% ●
営業利益(百万円) 182
前期比 -26.3% ●
会社予想比 -27.2% ●
経常利益(百万円) 186
前期比 -19.8% ●
会社予想比 -27.1% ●
純利益(百万円) 126
前期比 +13.5% ○
会社予想比 -28.0% ●
予想年間配当(円) 8.00


<要約>
 2021年3月期は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、国内電機電子業界においては、先行きの不透明さから設備投資の動きに慎重さが見られた。

 特定顧客に依存せず、試作・開発用途を中心に分散型の安定した顧客基盤を築いている一方で、経済活動縮小の潮流には逆らえず、上期においては期初の想定以上に受注が停滞した。

 厳しい環境下ながら、BtoB-EC市場を拡大することで国内電気電子企業のDX推進に貢献できる機会と捉え、オンラインを中心とした販促活動を積極的に推進した。

 今期中に顕著な成果は見られないものの、国内企業内において徐々にDXに対する意識が浸透し、生産活動が正常化してきたことを受け、業績には回復の兆しが見えている。

 多くの国内企業が決算期を迎える1月~3月は最盛期であり、上半期の売上進捗遅れの挽回を図っているが、新型コロナウイルス感染症は、現時点でも世界的に拡大傾向であり、経済活動の本格的な回復に至らないことを勘案した結果、期初に想定した売上に達しない可能性が高くなったことから、2020年5月13日に発表の業績予想を下回る見込みとなった。

 利益面については、売上高減少の影響があるものの、業績拡大に必要な投資は継続しつつ経費削減に注力し、前年同期程度を確保できる見込みである。

 通期業績予想を修正した。


<引用>
当社は、本日開催の取締役会において、2021年3月期の通期業績予想の修正及び株主優待制度を廃止するとともに、配当予想の修正(増配)を記決議いたしました。

<配当予想>
当社は、株主に対する利益還元を重要な経営課題と認識しており、企業体質の強化と将来の事業展開のために内部留保を確保しつつ、安定的かつ継続的に業績の成長に見合った成果を配当することを基本方針としております。上述しましたとおり、この度、株主の皆様に対する公平な利益還元という観点から慎重に検討を重ねた結果、配当金による直接的な利益還元を充実することがより適切であると判断し、前期実績から1株当たり3円増配し、2021年3月期の期末配当金は、1株当たり普通配当8円とさせていただくことといたしました。

<業績予想修正>
2021年3月期は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、国内電機電子業界においては、先行きの不透明さから設備投資の動きに慎重さが見られました。当社は特定顧客に依存せず、試作・開発用途を中心に分散型の安定した顧客基盤を築いている一方で、経済活動縮小の潮流には逆らえず、特に上期においては期初の想定以上に受注が停滞しました。厳しい環境下ながら、当社は、BtoB-EC市場を拡大することで国内電気電子企業のDX推進に貢献できる機会と捉え、オンラインを中心とした販促活動を積極的に推進してまいりました。今期中に顕著な成果は見られないものの、国内企業内において徐々にDXに対する意識が浸透し、生産活動が正常化してきたことを受け、業績には回復の兆しが見えております。
そのような状況の中、多くの国内企業が決算期を迎える1月~3月は当業界の最盛期であり、当社においても上半期の売上進捗遅れの挽回を図っておりますが、新型コロナウイルス感染症は、現時点でも世界的に拡大傾向であり、経済活動の本格的な回復に至らないことを勘案した結果、期初に想定した売上に達しない可能性が高くなったことから、2020年5月13日に発表の業績予想を下回る見込みとなりました。
利益面につきましては、売上高減少の影響があるものの、業績拡大に必要な投資は継続しつつ経費削減に注力し、前年同期程度を確保できる見込みであります。
これらの結果、通期業績予想を上記の通りに修正いたしました。
※上記予想は本資料発表日現在において入手可能な情報に基づき作成したものであり、実際の業績は、今後様々な要因によって予想数値と異なる場合があります。



決議日 2021年1月28日
期末配当(円)
 今回予想 8
 前回予想日 2020年5月13日
 前期実績 5
通期配当(円)
 今回予想 8
 前回予想日 2020年5月13日
 前期実績 5


免責文:
※東京証券取引所のTDnet(適時開示情報閲覧サービス)で開示された書類に基づく情報です。
※一部のお客様は参照文書にリンクできない場合があります。

【決算スコアについて】
 企業の発表する決算や業績予想修正が、どの程度株価にインパクトを及ぼすかを統計的に算出した参考指標です。
 スコア算出にあたっては、発表内容を(1)前の期の実績(2)直近の会社予想(3)市場予想(QUICKコンセンサス)--との比較で分類してパターン化。類似パターンの発表時に過去、株価がどう反応したかを分析して算出しました。算出モデルには移動平均かい離率も投入し、発表前の株価の織り込み度合いも考慮しています。
 あくまで過去データに基づく統計的な値であり、個別事象の予測を目的としたものではありませんので、ご注意ください。


【QUICK AI速報】本コンテンツは、最新の言語解析技術を活用して企業の開示資料の内容を読み取って自動生成しております。データが正しく生成されていない可能性もありますので、最終的には上記リンク先の元資料をご覧ください。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

この記事の関連銘柄

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる