QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 安川電(6506) 2022年2月期 通期連結業績予想および配当予想の修正に関するお知らせ

安川電(6506) 2022年2月期 通期連結業績予想および配当予想の修正に関するお知らせ

最終更新 2021/7/9 16:00

開示会社:安川電(6506)
開示書類:2022年2月期 通期連結業績予想および配当予想の修正に関するお知らせ
開示日時:2021/07/09 16:00

<引用>
当社は、2022年2月期通期(2021年3月1日~2022年2月28日)の連結業績予想および配当予想を修正することとしました。

<配当予想>
当社を取り巻く環境は、グローバルにおいてコロナ禍からの正常化が進み、製造業全般の設備投資は力強い回復が見られています。中国においては自動車を始め、ニューインフラ関連や3C*など幅広い市場で積極的な投資が継続して行われ、他の地域においても自動車・半導体・電子部品などを中心に需要が高い水準で推移しています。これにより、主力事業であるモーションコントロール事業とロボット事業において想定以上の受注が続いていることから、2021年4月9日に公表しました2022年2月期通期連結業績予想を修正いたします。なお、2021年6月1日から2022年2月28日までの期間における平均為替レートは、米ドル、ユーロ、韓国ウォンを期初計画から見直し、1ドル=110.0円から109.0円、1ユーロ=130.0円から131.0円、1ウォン=0.096円から0.097円、中国人民元は期初計画のとおり、1元=16.80円を想定しています。

<業績予想修正>
当社を取り巻く環境は、グローバルにおいてコロナ禍からの正常化が進み、製造業全般の設備投資は力強い回復が見られています。
中国においては自動車を始め、ニューインフラ関連や3C*など幅広い市場で積極的な投資が継続して行われ、他の地域においても自動車・半導体・電子部品などを中心に需要が高い水準で推移しています。
これにより、主力事業であるモーションコントロール事業とロボット事業において想定以上の受注が続いていることから、2021年4月9日に公表しました2022年2月期通期連結業績予想を修正いたします。
なお、2021年6月1日から2022年2月28日までの期間における平均為替レートは、米ドル、ユーロ、韓国ウォンを期初計画から見直し、1ドル=110.0円から109.0円、1ユーロ=130.0円から131.0円、1ウォン=0.096円から0.097円、中国人民元は期初計画のとおり、1元=16.80円を想定しています。


決議日


免責文:
※東京証券取引所のTDnet(適時開示情報閲覧サービス)で開示された書類に基づく情報です。
※一部のお客様は参照文書にリンクできない場合があります。

【QUICK AI速報】本コンテンツは、最新の言語解析技術を活用して企業の開示資料の内容を読み取って自動生成しております。データが正しく生成されていない可能性もありますので、最終的には上記リンク先の元資料をご覧ください。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

この記事の関連銘柄

安川電機
6,140
前日比+100 (+1.656%)
安川電機の株価を見る
対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる