QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 日揮HD(1963) 特別損失の計上及び通期業績予想の修正に関するお知らせ

日揮HD(1963) 特別損失の計上及び通期業績予想の修正に関するお知らせ

最終更新 2021/7/30 15:05

開示会社:日揮HD(1963)
開示書類:特別損失の計上及び通期業績予想の修正に関するお知らせ
開示日時:2021/07/30 15:05

<引用>
当社は、2022年3月期第1四半期連結累計期間において、イクシスLNGプロジェクトに関する特別損失を計上する見込みとなり、これに伴い本年5月12日に開示した2022年3月期(2021年4月1日~2022年3月31日)の通期業績予想を修正することといたしました。

<引用詳細>
特別損失の計上
(1)概要及び経緯
当社グループは、米国KBR社及び千代田化工建設株式会社と共同でジョイントベンチャー(以下、「JV」といいます。)を組成し、株式会社INPEXの持分法適用関連会社であるICHTHYSLNGPTYLtd(以下、「顧客」といいます。)から2012年に液化天然ガス等を生産する陸上ガス液化プラントの設計・調達・建設役務(以下、「本プロジェクト」といいます。)を受注し、2018年にプラント設備を完成、引渡しました。本プロジェクト遂行の過程では、役務範囲の増加及びその他の要因によるコストの発生に関して契約上償還されるべきもののほか、契約金額が調整されるべきものの一部において、JVと顧客との間で合意に至らず、仲裁と並行して交渉を継続してきました。また、JVは、本プロジェクトの一部である複合サイクル発電設備の設計・建設をGeneralElectricCompany、GeneralElectricInternational,Inc.、UGLEngineeringPtyLimited及びCH2MHillAustraliaPty.Limitedから成るコンソーシアム(以下、「コンソーシアム」といいます。)に固定金額契約で発注しました。しかし、コンソーシアムは、役務遂行途中に一方的に契約を破棄し追加支払いを求めて仲裁に入ったため、JVはコンソーシアムに代わるサブコントラクターを起用して複合サイクル発電設備の建設を行う一方、コンソーシアムに対して反訴の上、建設コストの負担を求めています。今般、交渉の進展、将来見通しの変化等に伴い、未回収となっている契約金額等について回収可能性を慎重に見直した結果、2022年3月期第1四半期連結累計期間において特別損失594億円を計上する見込みとなりました。
(2)今後の予定
顧客との交渉は最終的な合意に向けて継続しており、今後、開示すべき事項が生じた場合には、速やかにお知らせいたします。なお、今回の特別損失は一過性のものであり、当社グループの資金の流動性に影響はなく、健全な財政状態を維持できる見通しです。当社グループは、長期経営ビジョン「2040年ビジョン」に向けて引続き中期経営計画「BSP2025」を着実に進めてまいります。

<業績予想修正>
イクシスLNGプロジェクトに関する特別損失の計上に伴い、親会社株主に帰属する当期純利益が、460億円の損失となる見通しとなりました。
なお、2022年3月期の株主配当金につきましては、本年5月12日に開示した年間配当金(1株当たり15円)を維持する予定です。
(注)上記の予想は、当社が本業績予想修正の発表日において入手可能な情報に基づき作成しており、実際の業績等は様々な要因により予想値と異なる結果となる場合があります。



免責文:
※東京証券取引所のTDnet(適時開示情報閲覧サービス)で開示された書類に基づく情報です。
※一部のお客様は参照文書にリンクできない場合があります。

【QUICK AI速報】本コンテンツは、最新の言語解析技術を活用して企業の開示資料の内容を読み取って自動生成しております。データが正しく生成されていない可能性もありますので、最終的には上記リンク先の元資料をご覧ください。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

この記事の関連銘柄

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる