QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース デンソー(6902) フューエルポンプモジュール事業の譲渡に関するお知らせ

デンソー(6902) フューエルポンプモジュール事業の譲渡に関するお知らせ

最終更新 2022/1/17 15:00

開示会社:デンソー(6902)
開示書類:フューエルポンプモジュール事業の譲渡に関するお知らせ
開示日時:2022/01/17 15:00

<引用>
株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬浩二)と愛三工業株式会社(本社:愛知県大府市、社長:野村得之)は、パワートレイン事業の競争力強化に向け、デンソーから愛三工業へフューエルポンプモジュールの開発・生産・販売の一連の事業を譲渡することを、2022年1月17日開催の取締役会において決議し、事業譲渡契約を締結しました。

<引用詳細>
事業譲渡の理由
デンソーと愛三工業は、2019年5月20日の基本合意以降、両社のパワートレイン領域における重複分野の競争力強化に向けた「デンソーから愛三工業へパワートレイン事業の一部譲渡」、および将来の成長領域における相互の連携強化を目的とした「デンソーによる愛三工業に対する出資比率の引き上げ」について検討を進めてまいりました。両社で議論を重ねてきた結果、フューエルポンプモジュール事業をデンソーから愛三工業へ譲渡することを決定しました。なお、デンソーによる愛三工業への出資比率の引き上げについては、見送ることとなりました。デンソーは、愛三工業と連携しお客さまへの供給責任を果たすとともに、環境・安心などの注力分野の強化を加速させ、カーボンニュートラルの実現や交通事故のない安心・安全な社会づくりに貢献します。また、愛三工業は、両社のこれまで培ってきたモノづくりや技術やノウハウを掛け合わせることで、商品力の向上に取り組みます。あわせて既存リソーセスを最大限に有効活用し、生産の効率化、低コストなモノづくりに取り組みます。デンソーと愛三工業は、引き続き連携をしながら互いの強みを生かすことにより、地球にやさしいモビリティ社会の実現に貢献します。なお、本事業譲渡は、各国・地域の競争法当局の承認取得等を条件とします。
今後の見通し
本事業譲渡に伴う当社連結業績に与える影響は軽微です。



免責文:
※東京証券取引所のTDnet(適時開示情報閲覧サービス)で開示された書類に基づく情報です。
※一部のお客様は参照文書にリンクできない場合があります。

【QUICK AI速報】本コンテンツは、最新の言語解析技術を活用して企業の開示資料の内容を読み取って自動生成しております。データが正しく生成されていない可能性もありますので、最終的には上記リンク先の元資料をご覧ください。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

この記事の関連銘柄

デンソー
7,414
前日比-80 (-1.068%)
デンソーの株価を見る
対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる