QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース アインHD(9627) 2Q決算発表 決算スコア:-1.56

アインHD(9627) 2Q決算発表 決算スコア:-1.56

記事公開日 2022/12/2 15:30 最終更新日 2023/2/5 17:56

開示会社:アインHD(9627)
開示書類:2023年4月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
開示日時:2022/12/02 15:30

<決算スコア> -1.56

<業績データ>
発表期 2022/10
種別 2Q
売上高(百万円) 171,204
前期比 +11.9% ○
会社予想比 -0.9% ●
QUICKコンセンサス比 +0.1% ○
営業利益(百万円) 6,784
前期比 +17.5% ○
会社予想比 -20.0% ●
QUICKコンセンサス比 -5.6% ●
経常利益(百万円) 7,283
前期比 +18.9% ○
会社予想比 -16.6% ●
QUICKコンセンサス比 -8.4% ●
純利益(百万円) 3,804
前期比 +14.0% ○
会社予想比 -15.4% ●
QUICKコンセンサス比 -22.4% ●
実績年間配当(円) 0.00

予想期(通期) 2023/04
売上高(百万円) 363,000
前期比 +14.8% ○
会社予想比 0.0%
QUICKコンセンサス比 +1.4% ○
営業利益(百万円) 20,000
前期比 +32.1% ○
会社予想比 0.0%
QUICKコンセンサス比 +3.9% ○
経常利益(百万円) 20,500
前期比 +27.8% ○
会社予想比 0.0%
QUICKコンセンサス比 +2.2% ○
純利益(百万円) 11,000
前期比 +55.1% ○
会社予想比 0.0%
QUICKコンセンサス比 +0.1% ○
予想年間配当(円) 60.00


<要約>
 2023年4月期上期の連結業績は、売上高が前年同期比11.9%増の1712億400万円、営業利益が同17.5%増の67億8400万円、経常利益が同18.9%増の72億8300万円、純利益が同14%増の38億400万円だった。

 薬局、店舗における徹底した感染予防策の継続実施により、グループ一丸となり継続的な医療・小売りサービスの提供に取り組んだ。約1,100の薬局において医療用抗原検査キットの販売、約800の薬局において無料抗原検査・PCR検査に対応し、地域における新型コロナウイルス感染症の拡大防止に貢献できるよう努めた。本年9月には、ステークホルダーの皆様とのコミュニケーション強化を目的とし、統合報告書を新たに作成した。今後もさまざまな取り組みを通じ、持続的な成長と、社会・環境・経済価値を創出し、サステナビリティ経営の実現に向けて取り組んでいく。

 ファーマシー事業においては、医療機関等との連携、お薬手帳等を活用した服薬情報の一元的・継続的な把握、在宅医療対応等により、患者様が住み慣れた地域で安心して医療を受けることができるよう、「かかりつけ薬剤師・薬局」の機能発揮に取り組んでいる。既存店の処方箋枚数の回復と前期出店した店舗が堅調に推移したことにより、売上高は1532億4800万円(前年同期比11.9%増)、セグメント利益は107億6900万円(2.6%増)と増収増益となった。同期間の出店状況は、M&Aを含め、グループ全体で合計124店舗を出店し、8店舗を閉店、6店舗を事業譲渡したことにより、薬局総数は1,209店舗となった。

 リテール事業において、コスメ&ドラッグストア事業は、新型コロナウイルス感染症の影響が続いているが、オリジナルブランドの見直し、再構築を推進するとともに、だからこそ提供できる魅力的な売り場づくりに取り組んでいる。商品構成や出店基準の見直し、コスト適正化を進めた結果、売上高は、122億500万円(前年同期比24.3%増)、セグメント利益は3億4900万円(前年同期は11億2500万円の損失)となった。同期間の出店状況は、4店舗を出店、4店舗を閉店したことで、コスメ&ドラッグストア総数は78店舗となった。

 その他の事業においては、売上高は57億8100万円(前年同期比8.2%減)、セグメント損失は1800万円(前年同期は1億2100万円の損失)となった。

 2023年4月期の連結業績は、売上高が前期比14.8%増の3630億円、営業利益が同32.1%増の200億円を計画。



免責文:
※東京証券取引所のTDnet(適時開示情報閲覧サービス)で開示された書類に基づく情報です。
※一部のお客様は参照文書にリンクできない場合があります。

【決算スコアについて】
 企業の発表する決算や業績予想修正が、どの程度株価にインパクトを及ぼすかを統計的に算出した参考指標です。
 スコア算出にあたっては、発表内容を(1)前の期の実績(2)直近の会社予想(3)市場予想(QUICKコンセンサス)--との比較で分類してパターン化。類似パターンの発表時に過去、株価がどう反応したかを分析して算出しました。算出モデルには移動平均かい離率も投入し、発表前の株価の織り込み度合いも考慮しています。
 あくまで過去データに基づく統計的な値であり、個別事象の予測を目的としたものではありませんので、ご注意ください。


【QUICK AI速報】本コンテンツは、最新の言語解析技術を活用して企業の開示資料の内容を読み取って自動生成しております。データが正しく生成されていない可能性もありますので、最終的には上記リンク先の元資料をご覧ください。

銘柄名・銘柄コード・キーワードから探す

株式ランキング

コード/銘柄名 株価/前日比率
1
12,200
+6.17%
2
9107
川崎船
2,909
+4.48%
3
8002
丸紅
1,646
+4.4%
4
4689
ZHD
420.1
+12.2%
5
23,020
+0.61%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
3
+50%
2
1,538
+24.23%
3
1,565
+23.71%
4
6641
日新電
1,686
+21.64%
5
5240
monoAI
1,718
+21.15%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
6
-14.28%
2
372
-10.57%
3
600
-10.31%
4
3937
Ubicom
2,059
-9.81%
5
5476
高周波
331
-9.8%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
23,020
+0.61%
2
12,200
+6.17%
3
14,150
+0.85%
4
8306
三菱UFJ
928.5
-0.75%
5
9107
川崎船
2,909
+4.48%
対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる