QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 「IP最前線」の記事・ニュース一覧

「IP最前線」の記事・ニュース一覧

資生堂「TSUBAKI」は高値売却に成功 特許価値は低位(IPリポートVOL.49)

資生堂は2月3日、「TSUBAKI」や「SENKA」などのブランドを擁するパーソナルケア(日用品)事業の売却を発表した。売却価格は1600億円。資生堂の高いブランド価値を裏付けに、純資産額の約7倍で売却できた。保有する特 […]
IP最前線
2021/2/26 16:00

首位の三菱ケミカル、追う大日本印刷 脱炭素技術でしのぎ (IPリポート VOL.48)

日本知財総合研究所 三浦 毅司   2020年10月26日、菅義偉首相は臨時国会の所信表明演説で、国内の温暖化ガスの排出を2050年までに実質ゼロとする方針を表明した。この「2050年カーボンニュートラル宣言」 […]
IP最前線
2021/2/17 17:30

投資効率の高い無形資産経営 サイバーセキはROIC50%超 (IPリポート VOL.47)

近年、経営指標として投下資本利益率(ROIC=Return on Invested Capital)が注目されている。ROICは税引後利益を投下資本(=Capital、有利子不負債+株主資本)で割って計算する。使ったお金 […]
IP最前線
2021/1/26 12:00

ウェルスナビ、特許価値は業界首位 ロボアドは体力勝負へ (IPリポート VOL.46)

2020年12月22日、資産運用を自動化したロボアドバイザーを開発・提供するフィンテック企業、ウェルスナビ(7342)が東証マザーズに新規上場した。公募価格1150円に対して、3000円前後の株価で取引されている。投資家 […]
IP最前線
2021/1/15 12:00

バルミューダ、特許価値7位と健闘 売上高倍増の潜在力 (IPリポート VOL.45)

12月16日に東証マザーズに上場した家電メーカーのバルミューダ(6612)。久しぶりの製造業の上場とあって、人気が集まり、売り出し価格1930円に対し、現在は5000円を超える株価で取引されている。 バルミューダは、主に […]
IP最前線
2020/12/25 09:00

NTTが銀行になる日 デジタル通貨の特許価値で首位 (IPリポート VOL.44)

証券アナリスト=三浦毅司(日本知財総合研究所) 2009年のビットコイン登場以降、仮想通貨やデジタル通貨と呼ばれる暗号資産は急速に認知度を高めてきた。個人の使用から大手銀行や中央銀行に波は広がり、日銀は2021年にも「デ […]
IP最前線
2020/12/8 15:00

世界のフードテック、特許価値の首位は米ベンチャー(IPリポート VOL.43)

世界的に急成長を遂げるフードテックの世界。なかでも植物肉などの代替食材は、ベジタリアンを多く抱える西欧、アジア諸国を中心に急速に市場が成長している。世界人口の増加に伴い、将来の食料確保の観点からも重要視されている。 既存 […]
IP最前線
2020/11/25 12:00

韓国ハイニックス、インテルのメモリー買収の勝算(IPリポート VOL.42)

  半導体大手の韓国SKハイニックスが90億ドル(約9500億円)で手に入れる米インテルのNAND型フラッシュメモリー事業。収益性が不安定なDRAM事業を中核にし、信用格付けもBBB格にとどまるハイニックスにと […]
IP最前線
2020/11/11 10:30

ドコモが値下げできる条件は 技術力は他社を圧倒(IPリポート VOL.41)

NTTが9月29日に発表したNTTドコモに対する株式の公開買い付け(TOB)は、菅内閣の携帯電話料金引き下げ要請に対応したものだと言われている。 2019年度にドコモが親会社であるNTT以外に支払った配当金は約1285億 […]
IP最前線
2020/10/27 12:00

ウォルマート、特許で見えた対アマゾンの秘策(IPリポート VOL.40)

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、企業業績の二極化が鮮明だ。情報通信やヘルスケア分野が好調な一方、観光や運輸、接客業は苦戦する。小売りでは百貨店など店舗を構える従来型の業態が苦戦し、米アマゾン・ドット・コムなど電子商 […]
IP最前線
2020/10/16 10:00

商用EVの米ニコラ、特許で測る実力値(IPリポート VOL.39)

米電気自動車(EV)メーカーのニコラは、ゼネラル・モーターズ(GM)との資本提携を発表した直後、空売り投資家によるレポートの発行を機に株価が急落し、最高経営責任者(CEO)が辞任に追い込まれた。第二のテスラとの期待を受け […]
IP最前線
2020/10/1 10:30

エヌビディアがアームに4兆円払う理由(IPリポート VOL.38)

米半導体大手、エヌビディアがソフトバンクグループ傘下のアームを最大400億ドル(4.2兆円)で買収する。この買収に関してはGPU(画像処理半導体)に強みを持つエヌビディアがコンピュータ演算処理を行うCPU(中央演算処理装 […]
IP最前線
2020/9/23 17:00

ミセス・ワタナベの味方になるか FXリピート系注文を検証(IPリポート VOL.37)

FX(外国為替証拠金)取引で個人投資家の利用が広がっているリピート系注文サービスの効果を検証した。これは相場の範囲を定め、条件に従って取引を繰り返す自動取引のシステムである。 検証したのは2017年4月から20年7月末ま […]
IP最前線
2020/9/11 15:30

武田が売却する大衆薬、知財価値は業界28位(IPリポート VOL.36)

証券アナリスト=三浦毅司(日本知財総合研究所) 武田薬品工業は8月24日、一般用医薬品を製造・販売する子会社、武田コンシューマーヘルスケアを2420億円で米投資ファンドに売却すると発表した。武田は売却で得る資金で有利子負 […]
IP最前線 株式マーケット
2020/8/26 09:30

AI特許の価値、ソニーが首位 デンソーの自動運転技術も高評価(IPリポート VOL.35)

証券アナリスト=三浦毅司(日本知財総合研究所) 急速な技術革新が進む分野として人工知能(AI)があげられる。機械学習の進歩とともに様々な分野で使われるようになってきた。 急成長が続くAI関連特許の出願 AI関連特許の出願 […]
IP最前線
2020/8/12 12:01

テスラの株価、前提は販価維持 知財よりブランド頼みの脆弱さ(IPリポート VOL.34)

証券アナリスト=三浦毅司(日本知財総合研究所) 米国のEVメーカーテスラの時価総額が話題だ。7月28日時点で2855億ドルと日本円にして約30兆円、トヨタ自動車を抜いて自動車メーカーとして世界1位である。 この時価総額は […]
IP最前線
2020/7/29 12:01

特許による銘柄選びに3つの利点 情報通信上位は株価24%上昇(IPリポート VOL.33)

証券アナリスト=三浦毅司(日本知財総合研究所) 企業が持つ特許の価値から銘柄を選定する手法は、資産運用の世界ではあまり注目されてこなかった。今回は1年前のKKスコア上位企業の運用パフォーマンスを実際に検証してみたい。 対 […]
IP最前線
2020/7/22 13:31

フィンテックに知財保護の潮流 マネースクエアHDの賠償請求の意義(IPリポート VOL.32)

弁理士=新山雄一(正林国際特許商標事務所) 証券アナリスト=三浦毅司(日本知財総合研究所) FX(外国為替証拠金取引)大手のマネースクエアを傘下にもつマネースクエアHDは7月9日、外為オンラインに対して特許権侵害に対する […]
IP最前線
2020/7/15 16:28

オリンパスの映像事業、特許価値は9位 「頭部装着型」など高評価(IPリポート VOL.31)

証券アナリスト=三浦毅司(日本知財総合研究所) 6月24日に映像事業をスピンオフすると発表したオリンパス。買い手は、日本産業パートナーズ(JIP)が管理・運営するファンドであり、9月末までに正式契約を結ぶことを目指すとい […]
IP最前線
2020/7/10 10:33

オリエンタルランドが知財価値トップ 小売り・サービス業ランキング(IPリポート VOL.30)

証券アナリスト=三浦毅司(日本知財総合研究所) 新型コロナウイルスの感染拡大の影響が最も深刻なのは、個人消費に依存する小売りとサービス業だ。政府は5月25日に緊急事態宣言を全国で解除し、東京都などは6月19日に店舗などへ […]
IP最前線
2020/6/25 16:11

知財「お試し利用」広がるか コロナで始まった無償開放(IPリポート VOL.29)

証券アナリスト=三浦毅司(日本知財総合研究所) 5月7日に「知的財産に関する新型コロナウイルス感染症対策支援宣言書」が発表された。大手企業20社の経営者や知財責任者が発起人となり、知的財産権を無償開放して新型コロナウイル […]
IP最前線
2020/6/11 14:22

世界経済の安定につながる特許権プール(IPリポート VOL.28)

証券アナリスト=三浦毅司(日本知財総合研究所) 安倍晋三首相は5月25日の記者会見で、コロナ治療薬の「特許権プール」創設を主要7カ国首脳会議(G7サミット)で提案する考えを示した。これは複数の特許権を一括管理して安くライ […]
IP最前線
2020/6/1 16:10

ワクチン特許権の制限と警戒する製薬会社(IPリポート VOL.27)

証券アナリスト=三浦毅司(日本知財総合研究所) 世界保健機関(WHO)は5月19日、新型コロナウイルスのワクチンを開発した企業の特許権に制限を掛け、安く供給することへの協調を目指す決議を採択した。新興国の感染防止が狙いだ […]
IP最前線
2020/5/28 11:45

ウイルス検査の特許価値 上位にJSRやキヤノン系(IPリポート VOL.26)

証券アナリスト 三浦毅司(日本知財総合研究所) 新型コロナウイルスの猛威が続く中、ワクチンや治療薬と並んで重要なのがウイルス検査薬と検査装置だ。特に「抗原検査」は感染の有無の正確かつ早期の診断につながる。医療機関の負担軽 […]
IP最前線
2020/5/14 12:54

ワクチン特許価値、武田系が上位に(IPリポート VOL.25)

対コロナで開発環境が劇的に進化 証券アナリスト 三浦毅司(日本知財総合研究所) ワクチン開発の難易度は治療薬に比べてはるかに高い。適応症を広げる手法が困難なうえ、効果測定や安全性という面で治療薬よりはるかに厳しい結果が求 […]
IP最前線
2020/4/30 12:03

抗ウイルス剤に復活ののろし 官民支援で開発に弾み(IPリポート VOL.24)

証券アナリスト=三浦毅司(日本知財総合研究所) 大都市圏を中心に非常事態宣言が出され、猛威を振るう新型コロナウイルスの脅威を再認識させられた。SARS(重症急性呼吸器症候群)、MERS(中東呼吸器症候群)、新型インフルエ […]
IP最前線
2020/4/10 12:28

廃プラのリサイクルは「熱」から「素材」へ(IPリポート VOL.23)

証券アナリスト=三浦毅司(日本知財総合研究所) SDGs(持続可能な開発目標)の意識の高まりをうけ、廃棄物のリサイクルに対する関心が強まっている。とりわけ、プラスチックごみ(廃プラ)のリサイクルは、海洋投棄されて完全分解 […]
IP最前線
2020/3/26 11:24
対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる