QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 「SDGs」の記事・ニュース一覧

「SDGs」の記事・ニュース一覧

【CO2反映指標(3)】予想炭素利益率 環境負荷をかけずに稼いでいる企業は?

会社が温室効果ガス(GHG)排出量を増やさないで効率的に利益を稼いでいるかどうか比べる方法もある。本業のもうけを示す営業利益をGHG排出量で割って算出する指標である「炭素利益率(ROC)」だ。 「利益率」と呼ぶが、パーセ […]
2022/11/17 16:00

【CO2反映指標(2)】予想炭素排出原単位 環境負荷を抑え、企業価値も高い銘柄

各社の温室効果ガス(GHG)排出量の変化をどう評価したらよいか。前年に比べ減ったとしても事業活動を縮小した結果だとしたら、企業価値が向上したと評価しづらい。そこで売上高当たりの排出量で比べるのが1つの方法になる。 GHG […]
2022/11/11 15:00

注目テーマ「洋上風力発電」 関連銘柄の本命は?浮体式と着床式の違い、日本の取り組みも解説

(初回公開日2021年7月30日15:00) 【QUICK Money World 辰巳 華世】脱炭素社会の実現に向け再生可能エネルギーへの需要が高まっています。中でも、洋上風力発電は国を挙げて積極的な導入の動きがあり注 […]
金融コラム 経済・ビジネス
2022/11/11 08:30

「電気自動車」テーマ株、ソニー参入やテスラ躍進で注目 関連銘柄の本命は?米国株も含めて紹介

(初回公開日2021年4月30日17:00) 【QUICK Money World 辰巳 華世】2030年に向けたSDGs(持続可能な開発目標)への注目が高まるなか、 世界は脱炭素社会への動きを加速させています。株式市場 […]
金融コラム 経済・ビジネス
2022/11/10 15:00

ESG投資の意味とは SDGsとの関連性、メリット・デメリットも解説

(初回公開日2021年3月12日17:00) 【QUICK Money World 辰巳 華世】最近の大雪や大雨は被害が甚大になるケースも多く、気候変動を肌で感じる機会が多いと思います。まったなしの環境問題に、世界的に国 […]
金融コラム 経済・ビジネス
2022/11/8 07:30

【CO2反映指標(1)】炭素調整後の予想PER GHG排出を反映した割高・割安銘柄

企業の評価にESG要素を取り込む動きが広がっている。二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガス(GHG)排出量や各社がCO2を独自に値付けした「インターナル・カーボン・プライス(内部炭素価格)」と、株価や財務データを組み合わ […]
2022/11/4 10:00

ESG投資は行き詰ってなんかいない?!(日本株ストラテジー)

【QUICK Market Eyes 川口 究】年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)がESG(環境・社会・企業統治)投資を開始して以降、ESG指数は堅調なパフォーマンスを示してきたが、今年に入り行き詰ったとの懸念が […]
QUICK Market Eyes
2022/9/12 15:00

幻のグリーニアム 起債ラッシュの地方債でも観測されず

【日経QUICKニュース(NQN) 船田枝里】国内債券発行市場で起債ラッシュとなった2日、埼玉県が同県初となるサステナビリティーボンドの発行条件を決めた。年限は10年で、最終需要は4倍に上った。ESG(環境、社会、企業統 […]
NQNセレクト 為替・金利
2022/9/5 09:00

「S」指標の時代-日本版ディーセントワーク8指標の提案(水口教授のESG通信)

今、人材や人的資本への関心が高まっている。だが、人的資本の供給源は社会である。社会の力が弱まれば、社会全体の将来が危ない。たとえば少子化は人的資本の供給を絞り、経済格差の拡大は教育を阻害する。ジェンダー不平等がそれらを助 […]
2022/8/30 16:00

堅調なリユース関連株に注目、物価高などで中古品需要高まる(日本株ストラテジー)

【QUICK Market Eyes  加治屋雄基】リユース(再利用)関連銘柄の株価が堅調だ。新品よりも割安な価格で購入できる中古品の需要が高まっている。直近の物価高や新品供給の不足に伴い、消費者の中古品に対す […]
QUICK Market Eyes
2022/8/9 07:00

丸井Gが個人向け第2回セキュリティートークン社債、社会貢献債として発行

【日経QUICKニュース(NQN)】丸井グループ(8252)が個人投資家向けに第2回のセキュリティートークン社債の発行を準備していることが、23日までにわかった。ソーシャルボンド(社会貢献債)として発行する。発行額は1億 […]
NQNセレクト
2022/6/23 14:30

JICAが平和構築債を発行、ウクライナなど紛争・内戦の国・地域支援

【日経QUICKニュース(NQN)】国際協力機構(JICA)がロシアによるウクライナ侵攻をはじめとする紛争や内戦の影響を受けた国や地域などを支援する「ピースビルディングボンド(平和構築債)」の発行を準備していることが13 […]
NQNセレクト
2022/6/13 18:00

ENEOSが逆風下でも大型の社債発行にこぎつけた理由

【日経QUICKニュース(NQN) 船田枝里】ENEOSホールディングス(5020)は9日、2本立て債の発行条件を決めた。いずれも国内初の「トランジション・リンク・ボンド」として発行する。世界の中央銀行による金融引き締め […]
NQNセレクト 為替・金利
2022/6/13 16:00

森林関連の株主提案の可決事例も(CDPフォレストレポート2021完全版)

 QUICK リサーチ本部ESG研究所は英非政府組織(NGO)であるCDPのパートナーとして2021年の「フォレスト(森林)レポート日本版」を執筆した。CDPは「フォレスト」のほか「気候変動」「水セキュリティ」 […]
2022/6/9 17:00

ユーグレナ株が5カ月ぶり高値、バイオ燃料で近づく夢の「離陸」(日本株ストラテジー)

【日経QUICKニュース(NQN) 鈴木孝太朗】18日の東京株式市場でユーグレナ(2931)が逆行高となった。一時は前週末比42円(4.6%)高の955円まで上昇し、昨年11月18日以来5カ月ぶりの高値を付けた。先週15 […]
NQNセレクト
2022/4/19 08:00

自動車決算は慎重な計画相次ぐか、J-REITは投資判断引き上げ(日本株ストラテジー)

【QUICK Market Eyes 大野 弘貴】大和証券は14日付の自動車セクターリポートで、2022年3月期決算について自動車セクター合算の営業利益は前期比56%増の4.69兆円に達するとの見方を示した。また、23年 […]
QUICK Market Eyes
2022/4/19 07:00

初物ESG債が人気化、富士フィルムの起債で見えた市場復調の兆し

【日経QUICKニュース(NQN) 船田枝里】富士フイルムホールディングス(4901)は14日、4本立てソーシャルボンド(社会貢献債)の発行条件を決めた。同社の起債は2020年2月以来およそ2年2カ月ぶりとなる。また、E […]
NQNセレクト 為替・金利
2022/4/15 11:00

データ開示プラットフォーム「ESGブック」始動(アラベスクS-Ray)

独ESG評価会社アラベスクS-Rayは2021年12月、世界の企業のESGデータを収集・開示するプラットフォームである「ESGブック」を立ち上げた。22年3月には非上場企業がプラットフォーム上で情報を入力して開示できるよ […]
2022/4/6 10:00

森林保全への取り組み評価、Aリスト入りは花王と不二製油(CDPフォレストレポート2021)

英非政府組織(NGO)であるCDPは「気候変動」「水セキュリティ(水資源保護)」「フォレスト(森林保全)」の3分野について世界の企業の環境に関する開示や取り組みを調査して評価したレポートを毎年公開している。QUICK リ […]
2022/4/4 15:00

「働きがいのある企業」の株価パフォーマンスは良好(日本株ストラテジー)

【QUICK Market Eyes 大野 弘貴、片平 正二】いちよし経済研究所は18日付リポートで「持続可能な開発目標」(SDGs)の一つである「働きがいも経済成長も」に着目した上で、当該目標に適合している「働きがいの […]
QUICK Market Eyes 株式マーケット
2022/3/24 10:00

ESG投資への逆襲? 防衛関連株の上昇に映る潮流変化(日本株ストラテジー)

【QUICK Market Eyes  川口究】地政学リスクの高まりがESG投資に変化をもたらしている。今年に入ってグローバル株式に対してESG投資がアンダーパフォームする中、この分野では長らく物議を醸してきた […]
QUICK Market Eyes
2022/3/24 08:00

高利回りインフラファンドを点検、ESGと脱化石燃料が追い風(日本株ストラテジー)

【QUICK Market Eyes 弓 ちあき】相場の変動性(ボラティリティ)の高い地合いが続いている。16日は前日まで下げ足を速めていた中国株が急反発するなど、世界市場全体が不安定と言える。このような「強風」にさらさ […]
QUICK Market Eyes 株式マーケット
2022/3/17 08:00

インパクトと受託者責任(水口教授のESG通信)

「各国・地域の法体系や投資家のタイプによって違いはあるが、サステナビリティ・インパクトの追求が財務目的の達成にとって有効であるならば、投資家はそれをすることを法的に求められることになるだろう。」(1) PRIのウェブサイ […]
2022/3/10 17:00

インフレ局面で優位となる投資先(フィデリティ投信 重見吉徳氏)

ウクライナ問題を受け、資源価格が上昇しています。筆者は、以前『2020年代はインフレの10年』とし、1970年代や2000年代のようになる可能性があるとお客様にお伝えしたことがあります。その際、理由について次のとおり列挙 […]
2022/3/9 12:00

排出量先物、暴落の怪 脱炭素マネーが一時退出か(グローバルストラテジー)

【日経QUICKニュース(NQN) 山本裕二】欧州で温暖化ガス排出量の先物価格が暴落している。ウクライナ情勢の緊迫でガス価格が高騰する状況下では、発熱量あたりの二酸化炭素(CO2)が多い石炭に需要がシフトする。結果、排出 […]
NQNセレクト
2022/3/9 11:00

役員報酬算定にESG評価を反映する企業が増加(レスポンシブル・インベスター)

大手会計事務所PwCの調査によると、FTSE100種指数の構成銘柄のうち半数を超える企業がESG指標による評価を役員報酬に反映させている一方で、役員報酬の会社提出議案に対する株主の賛成が得にくくなっている現状が明らかにな […]
2022/2/16 17:00

排出量多い企業は「行動」を欠く 日本ではあの企業など(レスポンシブル・インベスター)

国際NGO「World Benchmarking Alliance (WBA)」は11月1日に発表した評価報告書で、「温室効果ガス排出量の多い企業は、自社の低炭素戦略が社会に及ぼす影響を特定し、それに備え、軽減するための […]
2022/2/7 16:00

株式ランキング

コード/銘柄名 株価/前日比率
1
2,789
-9.3%
2
7974
任天堂
5,269
+1.3%
3
7203
トヨタ
1,907
+0.5%
4
5201
AGC
4,905
+4.69%
5
13,900
+20.86%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
196
+34.24%
2
6924
岩崎電
4,450
+30.88%
3
6195
ホープ
380
+26.66%
4
9888
UEX
1,388
+23.59%
5
1,587
+23.31%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
1,327
-12.98%
2
1,270
-12.95%
3
1,020
-12.67%
4
1,091
-12.01%
5
4485
JTOWER
5,580
-11.42%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
23,045
-0.45%
2
7974
任天堂
5,268
+1.26%
3
7203
トヨタ
1,906.5
+0.47%
4
2,789
-9.26%
5
14,220
-0.03%
対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる