QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 「CTA」の記事・ニュース一覧

「CTA」の記事・ニュース一覧

【銘柄リスト】リオープニング関連銘柄は業績面でも優位性(日本株ストラテジー)

【QUICK Market Eyes 片平 正二、大野 弘貴】三菱UFJモルガン・スタンレー証券は16日付のリポートで「リオープニング関連銘柄には相対的に優位な環境が続こう」との見解を示した。リポートでは、インバウンド関 […]
QUICK Market Eyes
2023/1/17 08:00

ブラックフライデーのクレカ利用はどうだったのか(米株ストラテジー)

【QUICK Market Eyes 川口 究、大野 弘貴】BofAセキュリティーズの7日付リポートによれば、クレジットカードとデビッドカードの決済データに基づく家計1世帯あたりの支出は、22年のブラックフライデーは前年 […]
QUICK Market Eyes
2022/12/9 12:00

CTAの米株ショートは3週間後に買い戻し完了(米株ストラテジー)

【QUICK Market Eyes 大野 弘貴、川口 究】野村証券は5日付のクオンツリポートで、商品投資顧問(CTA)は米株のショートカバーを継続しており、ショートポジションは足もとで6%と、10月中旬の買戻し開始前の […]
QUICK Market Eyes
2022/12/7 16:30

バリューファンドからの資金流出が今年最大に(グローバルストラテジー)

【QUICK Market Eyes 大野 弘貴、片平 正二】ドイツ銀行は5日付リポートで、11月28日~12月2日の週において株式ファンド(投資信託、ETF)から162億ドルの資金流出が発生したと集計した。週間の資金流 […]
QUICK Market Eyes
2022/12/7 08:00

23年もCTAによるマーケットインパクトが高まりやすくなる可能性

【QUICK Market Eyes 大野 弘貴】野村証券は28日付のクオンツリポートで、感謝祭による薄商いの中、商品投資顧問(CTA)といった機械勢によるマーケットインパクトが高まりやすくなったと振り返った。12月の米 […]
QUICK Market Eyes
2022/11/30 11:00

TOPIXの1年後の水準と注目セクター(日本株ストラテジー)

【QUICK Market Eyes 片平 正二、大野 弘貴】ゴールドマン・サックス証券は20日付の2023年見通しのリポートで、TOPIXの1年後の水準を2200と予想した。現在から12%のアップサイドを見込んだもので […]
QUICK Market Eyes 為替・金利
2022/11/22 07:00

今週は年末ラリー実現に向けた正念場?(日本株ストラテジー)

【QUICK Market Eyes 大野 弘貴、池谷 信久、片平 正二】JPモルガン証券の高田将成クオンツ・ストラテジストらは18日付リポートで、2万8000円前後で膠着する日経平均について、短期需給の改善が続く一方、 […]
QUICK Market Eyes
2022/11/21 07:00

買い戻し継続の公算大も、踏み上げは期待薄?(米株ストラテジー)

【QUICK Market Eyes 大野 弘貴、片平 正二、川口 究】野村証券は14日付のクオンツリポートで、米消費者物価指数(CPI)発表後の株価上昇について、事前警戒が高かったことによる「リリーフラリー」、公表前日 […]
QUICK Market Eyes
2022/11/15 09:30

年末にかけてヘッジファンドへの解約通知→資金流出?(グローバルストラテジー)

【QUICK Market Eyes 大野 弘貴、丹下 智博】野村証券は7日付のクオンツリポートで、米連邦公開市場委員会(FOMC)後のS&P500種株価指数のインプライドボラティリティについて、ボラティリティは1カ月物 […]
QUICK Market Eyes
2022/11/10 09:30

S&P500は4000~4150のレンジまで上昇する可能性(米株ストラテジー)

【QUICK Market Eyes 片平 正二、大野 弘貴】モルガン・スタンレーは10月30日付のリポートで、「2週間前、弊社は米株式に対し戦術的に強気姿勢となった。明確にしておきたいのは、この判断のほとんど全てがテク […]
QUICK Market Eyes
2022/11/2 09:30

時間稼ぎの為替介入は無意味ではない(FXストラテジー)

【QUICK Market Eyes 池谷 信久、大野 弘貴】SMBC日興証券の野地慎氏は外為市場で進む円安について、「我が国に必要なのは『我慢』と『介入』」と述べている。「我慢」については、米日実質金利差とドル/円がほ […]
QUICK Market Eyes 為替・金利
2022/10/25 10:00

S&P500はまだ底入れしてない、9月CPIが二重の打撃に(米株ストラテジー)

【QUICK Market Eyes 川口 究、池谷 信久、】BofAセキュリティーズは14日付リポートで、「S&P500種株価指数は年末の目標である3600を下回ったが、引き続き市場のボラティリティを予想している。強気 […]
QUICK Market Eyes
2022/10/18 09:30

米決算、10~12月期と23年にかなりの下振れリスク(米株ストラテジー)

【QUICK Market Eyes 川口 究、大野 弘貴】今週半ばから2022年7~9月期の米企業決算発表が本格化する。BofAセキュリティーズは9日付リポートで今回の米決算に関する見解を示している。「S&P500の7 […]
QUICK Market Eyes
2022/10/12 09:30

米アクティブ投資家の保有株式が今年2番目の増加幅(米株ストラテジー)

【QUICK Market Eyes 大野 弘貴、川口 究】全米アクティブ投資家協会(NAAIM)が会員の運用会社に米国株の保有状況を聞き取りして算出する「NAAIM持ち高指数」は、5日時点で38.11%と前週比で25. […]
QUICK Market Eyes
2022/10/7 17:00

株安はなぜ「必要悪」と解釈されるのか(米株ストラテジー)

【QUICK Market Eyes 池谷 信久、大野 弘貴】8月のジャクソンホール会合以降、株価と債券価格が同時に下がる動きが続いているが、米連邦準備理事会(FRB)の金融引き締め姿勢に揺るぎはない。SMBC日興証券の […]
QUICK Market Eyes
2022/10/4 10:00

ゴールドマンがS&P500の年末予想を引き下げ(米株ストラテジー)

【QUICK Market Eyes 大野 弘貴、片平 正二】ゴールドマン・サックスは22日付リポートで、S&P500種株価指数の2022年末予想を4300から3600に引き下げた。想定する株価収益率(PER)を18倍か […]
QUICK Market Eyes
2022/9/27 07:00

マクロ勢は再び米株ショートを開始、来月の雇用統計まで持続?(米株ストラテジー)

【QUICK Market Eyes 大野 弘貴】野村証券は20日付のクオンツリポートで、投機勢の需給の観点から、米株相場は当面軟調な展開が継続する公算が大きいとの見方を示した。商品投資顧問(CTA)が先週の株価下落を背 […]
QUICK Market Eyes
2022/9/21 19:00

日経平均とTOPIXの予想配当落ちと再投資はいくら?(日本株ストラテジー)

【QUICK Market Eyes 片平 正二、大野 弘貴】大和証券は6日付のクオンツリポートで、9月下旬における配当落ち分は日経平均では224円、TOPIXで19.6と試算されるとの見解を示した。前年同期比でいずれも […]
QUICK Market Eyes
2022/9/8 08:00

米株にテクニカル面で反発シナリオが見え隠れ(米株ストラテジー)

【QUICK Market Eyes 大野 弘貴、川口 究】テクニカル面から見た米株には相場の地合いが変わる可能性が見えているようだ。あるテクニカルアナリストは「S&P500種株価指数は6月安値から8月高値の38.2%押 […]
QUICK Market Eyes
2022/9/5 15:00

CTAの米株売り越し基調続く、機関投資家は現金比率高める(米株ストラテジー)

【QUICK Market Eyes 大野 弘貴】カナダのTD証券は8月31日時点の商品投資顧問(CTA)の米株先物ポジションについて、Eミニ・S&P500種株価指数先物が過去最大ロング比でマイナス14%(売り超)、Eミ […]
QUICK Market Eyes
2022/9/2 09:00

日本株をオーバーウエートに格上げ、その理由は?(日本株ストラテジー)

【QUICK Market Eyes 川口 究、大野 弘貴、片平 正二】クレディ・スイスは8月31日付リポートで、世界的な経済成長の鈍化見込む中、金利やインフレの影響についてこれまでの見方を変更し、非エネルギーコモディテ […]
QUICK Market Eyes
2022/9/2 07:00

CTAが日本株の買い戻しを停止する?(日本株ストラテジー)

【QUICK Market Eyes 川口 究、片平 正二】ノムラ・セキュリティーズは15日付リポートで日本株について「CTA(商品投資顧問)は早ければ今週中に買い戻しを停止する可能性がある」と指摘した。ファンダメンタル […]
QUICK Market Eyes 株式マーケット
2022/8/17 08:00

日経平均の上値目標は? CTAはロングを急速拡大中(日本株ストラテジー)

【QUICK Market Eyes 大野 弘貴】ファンドストラットは12日付のテクニカルリポートで、今後数週間における日経平均株価の上昇を見込んでいる。8月下旬の日経平均の上値目標を2万9500~3万500円とした。3 […]
QUICK Market Eyes
2022/8/16 08:00

インフレピークアウトでも米株の上昇相場は既に終了?(米株ストラテジー)

【QUICK Market Eyes 片平 正二、大野 弘貴、池谷 信久】米株の底堅い展開が続く中、モルガン・スタンレーは7日付のリポートで「米国のインフレ率がピークを打ったとの見方について当社も同感である。実際、市場の […]
QUICK Market Eyes 為替・金利
2022/8/8 16:00

CTAによる株買い発動を考える(米株ストラテジー)

【QUICK Market Eyes 大野 弘貴】例年、8月の米株式市場は薄商いとなりやすい。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の月別売買高では、過去5年、10年平均いずれも8月の売買高が最も少ない。夏休み期間中で多くの […]
QUICK Market Eyes
2022/8/4 10:00

CTAはどう動く?反転したドル円、業績見通しを据え置ける水準は?(日本株ストラテジー)

【QUICK Market Eyes 大野 弘貴、】JPモルガン証券の高田将成クオンツ・ストラテジストらは2日付リポートで、一段の日本株高をイメージするには、日経平均が2万7600円以上にとどまる環境下で「主要投資家層に […]
QUICK Market Eyes
2022/8/3 07:00

CTAの弱気ポジションが巻き戻し?(グローバルストラテジー)

【QUICK Market Eyes 大野 弘貴、片平 正二、川口 究】野村証券は25日付のクオンツリポートで商品投資顧問(CTA)の投機ポジションについて、先行き1カ月では米株と日本株でショートカバーが進みやすいとした […]
QUICK Market Eyes
2022/7/26 16:00

株式ランキング

コード/銘柄名 株価/前日比率
1
9552
M&A総合
10,320
+17%
2
4661
OLC
21,580
+3.45%
3
4575
CANBAS
1,794
+17.1%
4
5,652
-2.55%
5
8,300
+5.06%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
3
+50%
2
1,783
+20.22%
3
5246
ELEMENTS
920
+19.48%
4
985
+17.96%
5
4575
CANBAS
1,794
+17.1%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
4,380
-18.58%
2
523
-16.05%
3
4,175
-14.35%
4
2,610
-13.28%
5
1689
ガスETF
1.5
-11.76%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
25,530
-2.24%
2
8306
三菱UFJ
952.7
-2.78%
3
5,652
-2.55%
4
13,940
-0.78%
5
4661
OLC
21,580
+3.45%
対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる