QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 「フィデリティ」の記事・ニュース一覧

「フィデリティ」の記事・ニュース一覧

景気後退を示唆したFOMC 為替介入の効果は限られる(フィデリティ投信 重見吉徳氏)

9月下旬は、米連邦準備制度理事会(FRB)が0.75%の利上げを実施し、日銀は金融緩和を継続、日本の財務省が為替介入を行い、英国は大幅減税でトリプル安になりました。 その間に、ロシアのプーチン大統領は予備役の部分動員令に […]
為替・金利
2022/10/5 12:00

投資しているビジネスパーソン、初の5割超 SNSで情報収集

フィデリティ投信が20日に発表したフィデリティ・インスティテュートによる「フィデリティ・ビジネスパーソン1万人アンケート(2022年)」の調査結果によると、投資をしているビジネスパーソンの比率が54%となり、初めて5割を […]
トレンドを知る 資産運用・資産形成
2022/9/21 15:00

FRBが1%を超える利上げを実施すべき理由(フィデリティ投信 重見吉徳氏)

米連邦準備制度理事会(FRB)は、9月20-21日に連邦公開市場委員会(FOMC)を開く予定です。筆者は、FRBが「1%を超える」利上げを実施すべきであり、それが合理的であると考えています。そう考える理由を挙げます。 1 […]
2022/9/17 10:00

FRBの利上げとQTを難しくする「逆ザヤ」問題(フィデリティ投信 重見吉徳氏)

8月の米雇用統計は、非農業部門の雇用者数が前月から31万5,000人の増加となり、堅調な伸びを示しました。他方で、失業率は前月の3.5%から3.7%へと0.2ポイント上昇しました。ただし、これは、働いていなかった人たちが […]
2022/9/14 12:00

マーケットの今後の展開は?(フィデリティ投信 重見吉徳氏)

筆者は、以前、「景気後退が来るまでの局面で必ず起きる(と言ってよい)ベア・マーケット・ラリーは、結局ダマシであり、短期筋が仕掛けてそれに乗った人が損をするだけに終わるもの」と述べました。 今後については、月並みで恐縮です […]
2022/9/7 12:00

なぜ「いま何に投資をしようか迷う」のか/景気後退とインフレに備えるには(フィデリティ投信 重見吉徳氏)

「いま何に投資をしようか迷ってしまう」方もいらっしゃるかもしれません。「迷ってしまう理由は、(戻りが出ている)株価を見ているから」であるように思えます。 以下に整理してみましょう。 今後の局面を整理する われわれは現在を […]
2022/8/24 12:00

読み違いがあるなら「インフレを甘く見ている」こと (フィデリティ投信 重見吉徳)

いまさら申し上げるまでもないですが、マーケットの方向性やトレンドを知るときには、メディアが取捨選択しているニュースに受け身にならず、「ご自身で幅広い資産の、やや長めのデータをクロスチェックされる」ことがよいでしょう。情報 […]
2022/8/17 12:00

金融緩和ラリーは堂々巡りになる恐れ;7月レビュー(フィデリティ投信 重見吉徳氏)

株式市場に戻りが出ています。本稿の最後に見るように、「景気後退→利下げ」を織り込んでの『金融緩和ラリー』のような動きです。 金利低下の分、成長株式が若干アウトパフォームしていますが、株価の回復が続けば、景気後退懸念が遠の […]
2022/8/10 12:00

脱炭素と日本株式(下):目前の課題にひとつずつ対処すれば道は開ける(フィデリティ投信 重見吉徳氏)

7月下旬に「動く拓郎」を見ることができました。光一君の『落陽』に続き、剛君が『人生を語らず』と言ったとき、私は色めき立ちました。ファンなら誰もが「もう一度歌ってほしい」と願っていたでしょう。このブログがそこから名前を借り […]
2022/8/3 12:00

脱炭素と日本株式(中):産業技術の1970年代(フィデリティ投信 重見吉徳氏)

7月中旬発表の6月分の米消費者物価指数(CPI)が前年同月比で+9.1%、前月比で+1.3%の大幅な伸びとなり、「CPIショック」と報道されました。 そのように報道されると、マーケットの中心テーマが「景気後退」から、「イ […]
2022/7/27 12:00

脱炭素と日本株式(上):国家最大の危機と「見える課題」への回帰(フィデリティ投信 重見吉徳氏)

皆さんは、今日見上げた空の青さが、自然に当然に与えられているものなのか、あるいは、過去の誰かの決断や判断によってもたらされているものなのかを考えたことがあるでしょうか。 気候変動、ロシアによるウクライナ侵攻、そして先週末 […]
2022/7/20 12:00

次の景気後退はどれほど深刻か /♪Tomorrow never knows♪(フィデリティ投信 重見吉徳氏)

今日も歌です。あるアーティストは今年でデビュー30周年を迎えるそうです。そのアーティストの代表曲のひとつが「Tomorrow never knows」です。皆さん、ご存じかどうか、実はビートルズにも同名異曲があります。お […]
2022/7/13 12:00

株価のボトムはいつか?(フィデリティ投信 重見吉徳氏)

しばらく前に「玉ネギの価格が上がっている」という話をしましたが、野菜はなにもかも高くなっています。早く梅雨が明けてしまったことも心配です。 直近2回のレビュー:「株価は今回、それなりに下がっている」 さて、ここまで2回に […]
2022/7/6 12:00

景気後退なんか怖くない(フィデリティ投信 重見吉徳氏)

今日は、石野真子さんの♪狼なんか怖くない♪(1978年)をイメージしながら書いています。阿久悠作詞、(われらが)吉田拓郎作曲です。阿久さんは『三匹の子ぶた』から着想されたのでしょう。「いま風」に言えば、歌謡曲の世界と(い […]
2022/6/29 12:00

FRBは何%の株価下落を望んでいるのか (フィデリティ投信 重見吉徳氏)

株価の調整が続いています。6月上旬の株価下落の「きっかけ」は、5月のCPIインフレ率が予想に反して高まったことだとされています。5月のCPI総合インフレ率は前年同月比で+8.6%、コア・インフレ率(食品・エネルギーを除く […]
2022/6/22 12:00

相場が下落しても解約せずに積み立て続けるのがいい理由(フィデリティ投信 重見吉徳氏)

関東甲信地方が梅雨入りしました。筆者は、かつて同級生2人とともに、某高校生クイズ選手権に勝ち抜き、兵庫県代表として全国大会に出場したことがあります。『梅雨入りを「入梅」と言い、梅雨明けを「出梅」と言う』というのが、地方大 […]
2022/6/15 12:00

今、投資するなら何がいいのか (フィデリティ投信 重見吉徳氏)

5月下旬は、①インフレ率の鈍化と、②米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨に、A.「0.75%」の利上げへの言及がなく、B.「多くの参加者は、金融緩和の解除を早めることによって、今年終盤には、委員会が、引き締めの効果 […]
2022/6/8 12:00

エネルギー、覇権、準備通貨、気候変動(フィデリティ投信 重見吉徳氏)

最近までは、インフレ懸念と引き締め懸念の中、米国の短期債(プラス、原油と穀物)に資金が集中する状況でした。その後は、リスクオフが進んで景況感が鈍化し、米国の長期金利にも低下圧力が生じました。長期金利の落ち着きは、リスク資 […]
2022/6/1 12:00

世界一シンプルな金融商品のサイクル/ゴールド投資のタイミング・注意点(フィデリティ投信 重見吉徳氏)

ここ最近は、「たぬきそば」の実質値上げ(?)や、「恐竜の化石」の価格据え置きについて触れていました。今回は「玉ねぎ」の話をします。 そうです。最近、玉ねぎの価格がものすごく高いのです。私の住んでいるところでは、新玉ねぎが […]
2022/5/25 12:00

「株価はこのまま下がるのではないか」という不安にどう対処するか (フィデリティ投信 重見吉徳氏)

筆者は、以前の会社で1年間、ロンドン支店のトレーニーとして、(ウクライナ危機でも話題になった)SWIFTメッセージを発信するなど、外国証券の決済事務に従事していました。2004-2005年の頃です。 ある日、スーパーマー […]
2022/5/18 12:00

インフレの「ピークアウト」にご用心(フィデリティ投信 重見吉徳氏)

先日、博物館に行きました。日本の博物館は大変貴重な資料を所蔵しています。ただ、音声ガイドを早く復活させてほしいと思いました。理解がすすみません。 その帰り、おみやげ屋さんのショーケース越しに、ティラノサウルスの歯の化石が […]
2022/5/11 12:00

【簡単に整理】金融市場とインフレ(フィデリティ投信 重見吉徳氏)

東京には、立ち食いそば屋さんのチェーンがいくつかあります。私はそのうち、決まったひとつのところにしか行きません。かれこれ、16年ほど通っています。最近は、駅のプラットフォームにある店舗によく立ち寄ります。昔は暑い夏でも「 […]
2022/4/27 12:00

いまほどポートフォリオ構築が重要なときはない(フィデリティ投信 重見吉徳氏)

米連邦準備制度理事会(FRB)は、5月に量的引き締め(QT)を開始する見込みです。 QTのスケジュールについて、FRBは当面、保有する米国債とMBS(住宅ローン担保証券)の売却は行わず、満期償還や繰り上げ償還に任せる方針 […]
2022/4/20 12:00

長短金利逆転から景気後退まで株価の「大崩れ」はない(フィデリティ投信 重見吉徳氏)

(好調のときには記事になりにくい)米国ハイ・イールド債券ですが、このところ、米国債や米国投資適格社債にアウトパフォームし、【次の図】のとおり、信用スプレッド(対米国債)も縮小しています。 【次の図】に示すとおり、米国ハイ […]
2022/4/13 12:00

商品、ゴールド、リート、株式・・・インフレならどれがよい?(フィデリティ投信 重見吉徳氏)

今回は、「商品、ゴールド、米国リート、米国株式のうち、インフレならどれがよいか?」についてシンプルに考えてみます。4つの資産すべてのデータが揃うのが1972年1月からなので、そこから見ていきます。 筆者の結論は、「やはり […]
2022/4/6 12:00

こんなに利上げして、景気や株価は大丈夫なのか(フィデリティ投信 重見吉徳氏)

3月中旬に開催された米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利の0.25%引き上げ、ゼロ金利政策の解除が決まりました。同時に公表されたFOMCの16人の委員による見通し(中央値)では、年内「残り6会合」で「6回」の利 […]
2022/3/30 12:00

戦争経済ならインフレ、原油が重要ではない理由(フィデリティ投信 重見吉徳氏)

「米国と中国が戦争を交えるなんて、愚かでありえない選択に見える。だが、第1次世界大戦までの数百年を振り返ると、人間がいかに愚かになれるかを思い知らされるだろう。戦争なんて『ありえない』というとき、それは現実の世界における […]
2022/3/16 12:00

株式ランキング

コード/銘柄名 株価/前日比率
1
17,075
+3.73%
2
1,302
+25.55%
3
9201
JAL
2,701
+0.89%
4
32,600
-7.12%
5
6619
WSCOPE
1,558
+6.78%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
2721
JHD
345
+30.18%
2
1,302
+25.55%
3
4760
ALPHA
1,510
+24.79%
4
1,554
+23.92%
5
7878
光・彩
8,750
+20.68%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
2,183
-15.48%
2
6550
Unipos
192
-10.69%
3
3782
DDS
69
-9.21%
4
5,960
-9.14%
5
5212
不二硝
1,242
-8.94%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
17,075
+3.73%
2
13,845
-1.66%
3
5,504
+0.18%
4
38,830
-0.79%
5
7203
トヨタ
1,985.5
-0.72%
対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる