QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 「ESG」の記事・ニュース一覧

「ESG」の記事・ニュース一覧

水資源を過小評価する企業に懸念、投資家も水リスクへの取り組み不十分(レスポンシブル・インベスター)

世界的な水資源の不足は、気候変動と並び最も重大な環境課題の一つである。水の需要量は、今後10年以内に供給量を56%上回ると予想されている。企業、投資家および各種機関は、水の適正な価格設定をめぐる課題を認識するだけでなく、 […]
2021/2/26 18:00

コロナ禍で医薬品の入手しやすさが重要な投資テーマ(レスポンシブル・インベスター)

Access to Medicine財団が、「2021年版医薬品アクセスインデックス(以下、ATMインデックス)」を公表した。同財団は、グローバル大手製薬企業20社を対象に、低・中所得国における高負荷疾病の医薬品アクセス […]
2021/2/25 17:00

ダイバーシティ企業は株式市場からの評価が高い、環境関連データの開示も積極的

【QUICK Market Eyes  川口究】森喜朗元首相の女性蔑視発言をきっかけに、海外メディアが男女共同参画の遅れなど日本社会のあり方を報じるようになった。欧米で女性経営陣の比率が高まる中、ジェンダー・ダ […]
QUICK Market Eyes
2021/2/24 09:00

ESG評価で決める役員報酬 財務指標に改善効果〈Go To ESG〉

政府が打ち出した脱炭素社会の実現に向けて二酸化炭素(CO2)の排出量削減に動く企業が相次いでいる。セブン&アイ・ホールディングスやENEOSホールディングスなどは、CO2排出量の削減を役員報酬に連動させる仕組みを […]
金融コラム 経済・ビジネス
2021/2/19 15:00

ESGのデータプロバイダーに高まる懸念とは(レスポンシブル・インベスター)

ロンドンを拠点とするシンクタンクである「SustainAbility」は、欧州委員会からの受託調査である「サステナビリティ関連商品・サービスの現状に関する報告書(全214ページ)」で、ESG情報開示について8つの提言を示 […]
2021/2/18 17:00

化石燃料業界への投資が40%減、仏の「エネルギー転換法」とは(レスポンシブル・インベスター)

フランス銀行(Banque de France、以下BDF)の調査によると、気候関連情報の開示義務化により化石燃料業界への投資額が40%も減少したことが明らかとなった。 フランスでは、2015年7月「エネルギー転換法」が […]
2021/2/16 16:00

女性蔑視の真逆を行く株式市場、ESG関連で女性活躍推進を重視

【QUICK Market Eyes  本吉亮】森喜朗元首相の女性蔑視発言が話題となっているが、株式市場ではESG(環境・社会・企業統治)関連で女性活躍推進を重視する傾向が強まっている。公的年金を運用する年金積 […]
QUICK Market Eyes
2021/2/16 10:30

2021年のフィンク・レター、ネットゼロ移行や人種間の不平等に言及

世界最大の資産運用会社であるブラックロックのラリー・フィンク最高経営責任者(CEO)は1月26日、投資先企業のCEOに送った毎年恒例のレターの内容を公表した。昨年に引き続き、気候変動への対応やサステナビリティ会計基準審議 […]
2021/2/15 15:00

ESG投資に短期筋も参戦? 指数入れ替えで先回り買い

長期の視点に立ち財務・非財務データを考慮して投資をするESG(環境・社会・企業統治)投資にヘッジファンドなど短期筋も収益機会を見出そうとしているようだ。QUICK ESG研究所がESG指数の採用銘柄の入れ替えによる株価の […]
金融コラム 経済・ビジネス
2021/2/12 09:00

「減配ショック」のJT 構造改革、効果はまだ煙の中に

【日経QUICKニュース(NQN) 菊池亜矢】10日の東京株式市場で、日本たばこ産業(JT、2914)株が急落した。9日、2020年12月期通期の決算発表で、21年の減配見通しを示したためだ。減配計画は上場来初。配当性向 […]
NQNセレクト 株式マーケット
2021/2/10 18:40

「気候リスクを反映した財務諸表」への要求が強まる(レスポンシブル・インベスター)

グローバル・パブリック・ポリシー委員会(GPPC)が、国際会計基準審議会(IASB)宛ての書簡で、企業の財務報告書が気候リスクを十分に反映したものとなるよう「自らの役割を果たしていく」と明言した。GPPCは4大会計事務所 […]
2021/2/10 16:00

気候リスクが貸出金利を割高にする(レスポンシブル・インベスター)

テキサス大学の研究グループが、気候関連リスク顕在化の可能性が大きい地域に拠点を置く米国企業は銀行融資の適用金利が割高であるという分析レポートを公表した。 レポートによると、銀行融資のプライシングデータと世界で幅広く活用さ […]
2021/2/5 17:00

1月末国内ESGスコア、ユニチャーム3位、マクドナルド9位に上昇 アラベスクS-Ray

独ESG評価会社アラベスクS-RayによるESGスコアの1月31日時点の日本企業ランキングは、ユニ・チャーム(8113)が3位と20年12月31日時点の14位タイから上昇した。また日本マクドナルドホールディングス(270 […]
2021/2/4 17:00

スウェーデンの年金基金が250社から投資撤退(レスポンシブル・インベスター)

スウェーデンの公的年金の一部を運用するAP2基金(運用資産総額390億ユーロ)が、2020年12月10日、グローバル社債および外国株式からなる運用ポートフォリオの保有残高を調整し、EUサステナブルファイナンス政策の一環で […]
2021/2/2 18:00

CA100+が進捗レポートを発表、スコープ3までの「ネットゼロ」目標はわずか10%(レスポンシブル・インベスター)

気候変動イニシアチブであるClimate Action 100+ (クライメート・アクション100プラス、CA 100+)が、昨年に続き2度目の進捗レポートである「2020Progress Report」を公表した。レポ […]
2021/1/28 17:00

2020年グリーンボンド発行額が過去最高を更新、21年は再エネ投資が加速

【QUICK Market Eyes  川口究】2020年のグリーンボンド発行額が過去最高を更新した。バイデン政権では気候問題への取り組みが大きく前進するとみられ、21年の発行額は20年さらに大きく上回る見込み […]
QUICK Market Eyes
2021/1/28 09:00

ファストリ、アパレル苦境のコロナ禍で見えてきた時価総額首位

昨年のクリスマス・ホリデーのショッピングシーズンに、独ESG評価会社アラベスクでロンドン在住の同僚トーマスから、次のようなEメールをもらった。 “As you might know Uniqlo (one o […]
2021/1/27 16:00

ステークホルダー資本主義は本物か(水口教授のESG通信)

「ステークホルダーを重視する企業は株価も高いというけれど、だからステークホルダーに配慮すべきと言うのなら、それは企業の『Purpose』を見直したことになるのか?」そう厳しく問う人がいる。ダボス会議によるステークホルダー […]
2021/1/27 12:00

投資家に数兆ドルの投資機会もたらす「ネガティブエミッション技術」(レスポンシブル・インベスター)

責任投資原則(PRI)は最新のレポートにおいて、大気中の二酸化炭素を吸収する「ネガティブエミッション技術(NETs)」は投資家に数兆ドル規模の新たな投資機会をもたらす可能性があると発表した。排出量ネットゼロの野心的目標を […]
2021/1/18 15:00

「脱炭素」×「水素利用拡大」 鍵となる燃料電池 

【QUICK Market Eyes  阿部哲太郎】菅政権による「脱炭素宣言」や世界的な脱炭素への流れの中、水素の活用への期待が高まっている。2017年に「再生可能エネルギー・水素等関係閣僚会議」により策定され […]
QUICK Market Eyes
2021/1/18 12:00

2020年末のESGスコア、ホトニクスが9位に浮上 アラベスクS-Ray

独ESG評価会社アラベスクS-RayによるESGスコアの2020年12月31日時点の日本企業ランキングは、11月30日と比べ上位6位までの順位に変動がなかった。上位10社では11月30日時点の13位から9位に順位を上げた […]
2021/1/14 18:00

長期運用で失敗しないための「投信の選び方」とは?「北澤式」ウェビナー書き起こし(後編)

2020年10月に実施し、好評を博したウェビナー<「北澤式」資産運用のツボ!~3つのミスマッチ・3つの禁じ手を解消するだけ~>の書き起こし版の後編を公開します。本ウェビナーでは、長期運用への迷いを減らすための様々なテクニ […]
2021/1/14 12:00

取締役のスキルを一般公開 「マトリックス」の課題は実効性〈Go To ESG〉

取締役の専門知識や経験をまとめた一覧表、「スキルマトリックス」を公表する企業が増えている。ESG(環境・社会・企業統治)投資の拡大を背景に、取締役会の多様性を求める投資家の声は一段と大きくなった。金融庁と東京証券取引所が […]
金融コラム 経済・ビジネス
2021/1/7 16:00

ESGへの取り組み改善で投資機会があるセクターは? 投信などへの組み入れ可能性に市場の関心

【QUICK Market Eyes  大野弘貴、川口究、片平正二】前年はコロナ禍で投資家の先行き不透明感が強まった一年だった。しかし、確固たる方向性としてその存在感を一段と強めたのがESG投資だったと言える。 […]
QUICK Market Eyes
2021/1/4 13:00

GAFAやテスラなど、米主力企業のESGの取り組みを比較・アラベスクS―Ray

2020年の株式市場は、新型コロナウイルスの感染第1波が中国から欧米に急拡大した2~3月に大幅に下落したが、その後は、同ウイルス感染拡大の第2波、そして現在の第3波とコロナ禍の先行きに不透明感が拭えないながらも、世界各国 […]
2020/12/30 16:30

日本企業、半数超が22年末までに利益回復 広告や医薬品が強気の予想 <HSBCナビゲーター調査>

世界39の国・地域の1万社以上の企業を対象とした最新のHSBCナビゲーター調査で新型コロナウイルスを企業がどのように捉えているかが明らかになりました。企業が世界的な感染拡大にどのように適応し、将来に備えているかを報告しま […]
2020/12/30 13:00

広く普及したESG投資、ブーム追い風に運用成果も向上?

【QUICK Market Eyes  大野弘貴】2020年はESGの年と言えるかもしれない。あらゆる調査を見ても、ESGへの認知と期待が急速に広まっていることが確認できる。ESG投資の拡大と同時に、パフォーマ […]
QUICK Market Eyes
2020/12/28 15:30
対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる