個人投資の未来を共創する
QUICKとFinatextの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 人気記事ランキング

人気記事ランキング

1
レオス「ひふみワールド」、残高合計が500億円突破
QUICK資産運用研究所=西本ゆき レオス・キャピタルワークスが運用する「ひふみワールド」(9C31119A)と「ひふみワールド+」(9C31119C)の純資産総額(残高)合計が初めて500億円を突破した。14日時点の残 […]
トレンドを知る 資産運用・資産形成
2020/1/15 11:09
2
すべての道は金利に通ず by 鈴木涼介氏(シリーズ:ベテランに聞く)
一国の経済の基礎的条件(ファンダメンタルズ)や金融政策と最も密接に関わるのは金利の市場だろう。しかも一回あたりの取引額が大きく、名だたる金融機関やヘッジファンドが慎重に立ち回るため、株や外国為替よりも理路整然とした動きを […]
為替・金利
2018/11/27 10:37
3
「eMAXIS Slim」旋風、ブロガーが選ぶベスト投信の上位を席巻
QUICK資産運用研究所=高瀬浩、小松めぐみ 投資信託を中心に据えた資産運用について、自身のブログで発信している個人投資家による「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2019」(FOY2019)の投票結 […]
トレンドを知る 資産運用・資産形成
2020/1/20 16:32
4
FOY2019懇親会、リアルな交流を求める投資家が集結。公的年金の学びも
QUICK資産運用研究所=高瀬浩 18日の「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019」(FOY2019)表彰式の後、場所を移して開かれた懇親会には上位入賞の運用会社関係者に加え、80人あまりのブロ […]
トレンドを知る 資産運用・資産形成
2020/1/21 17:04
5
ティー・ロウの「米国成長株式」、当初設定額が今年最大の1482億円
QUICK資産運用研究所=西本ゆき ティー・ロウ・プライス・ジャパンが27日に新規設定した「ティー・ロウ・プライス 米国成長株式ファンド(愛称:アメリカン・ロイヤルロード)」(AW31119C)は、当初設定額が1482億 […]
トレンドを知る 資産運用・資産形成
2019/12/27 16:58
6
「ホテル系REITに強烈な買いが来ております‼」 新型コロナにもめげずに保つじり高基調
週明けから新型コロナウイルスを警戒する売りに見舞われた東京株式市場。しかし、29日午後の日経平均株価は反発するなど落ち着きを取り戻している。一見すると自律反発のように見えるが、市場関係者の目線は不動産投資信託(REIT) […]
2020/1/29 13:48
7
5Gで急成長ザイリンクス、株価割高の評価は変わるか【米決算プレビュー】
米半導体のザイリンクスは買われ過ぎ――。高速通信規格「5G」への本格移行を間近に控えて、5G対応のチップを製造する同社の株価は年初から急ピッチで上昇。17日には上場来高値(137.23ドル)をつけたが、市場では割高との見 […]
決算ウオッチ 株式マーケット
2019/4/23 09:25
8
黒鉛電極ブームの先どう読む 二極化する市場の見立て
電気炉で鉄を溶かす際に使われる黒鉛電極。環境規制を背景にした旺盛な中国需要などを背景に価格が跳ね上がり、中核事業に据える東海カーボン(5301)は2018年12月期の連結営業利益が前の期比で7倍に膨れ上がるなど、関連企業 […]
エクコメ・デリコメ
2019/3/1 11:55
9
中長期投資にふさわしい投信は? QUICKが5本選出
QUICK資産運用研究所 QUICK資産運用研究所は2019年の「中長期投資にふさわしい投信」に5本を選んだ(図表参照)。中長期の資産形成を目指す個人が投資信託を選ぶ際の参考になるように、過去の運用成績に的を絞り恣意性を […]
資産を殖やす 資産運用・資産形成
2020/1/17 09:29
10
新型コロナウイルス拡大、SARSと重なる?マーケットに高まる警戒感
 中国の武漢市を中心に世界的に新型コロナウイルスの感染が拡大する兆しを見せ、金融市場の先行き不透明要因となっている。グローバルマーケットでも株安の材料になるなど、影響力がじわじわ拡大。特に2000年代前半に流行した「SA […]
2020/1/22 14:33
11
株安はコロナウイルスだけじゃない?ある場所に灯る景気減速のシグナル
QUICK Market Eyes=根岸てるみ ■コロナ懸念の影に隠れる景気変調リスク…  新型コロナウイルスに世界の株式相場は警戒感を強めている。ただ、この問題で見えにくくなっている景気の変調をうかがわせるシグナルにも […]
2020/1/29 09:06
12
著名投資家のつぶやき vs 市場関係者、東芝株巡り思惑交錯
QUICK Market Eyes  著名個人投資家のcis氏は23日の東証昼休み時間中にツイッターで「昨日と今日でとある東証2部の粉飾決算企業大量購入。これが1部上がれば日銀さんが買いに買いまくってるETFの組入れだけ […]
2020/1/23 13:53
13
ザイリンクス株、遠のく5Gの恩恵 米中摩擦で収益に陰り
NQNニューヨーク=古江敦子 半導体大手のザイリンクスが23日に発表した2019年7~9月期決算は、米中貿易摩擦による悪影響が鮮明だった。次世代高速通信規格「5G」関連を含む主力の通信機器部門は減速した。先行きの売上高見 […]
NQNセレクト
2019/10/24 14:38
14
稼いでいればデカい企業?売上高と時価総額の関係に迫る
  「売上高」と「時価総額」の順位が異なる業種 企業にとって、売上高と時価総額というのは大事な指標です。『簡単業種分析』では。東証33業種の業種別の売上高と時価総額上位10社の規模を、わかりやすく視覚的に確認す […]
経済・ビジネス
2016/5/25 16:01
15
金融知識問題、若い世代ほど正解率低く【個人の資産形成に関する意識調査⑬】
QUICK資産運用研究所 QUICK資産運用研究所が2019年11月、全国5000人以上を対象に実施した「個人の資産形成に関する意識調査」。13回目は金融に関する問題を解いてもらった結果を取り上げる。 ■金融知識問題、3 […]
データで読む 資産運用・資産形成
2020/1/21 12:41
16
ピクテ「グロイン」分配金を40円に引き下げ 9年ぶり低水準
ピクテ投信投資顧問が運用する「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)」(42311052)が10日の決算で、1万口あたりの分配金を前月より10円安い40円に引き下げた。2010年4月の決算で50円に引き上 […]
トレンドを知る 資産運用・資産形成
2019/4/11 10:26
17
金融機関をどう思う? 業態別の信頼度【個人の資産形成に関する意識調査⑪】
QUICK資産運用研究所 QUICK資産運用研究所が2019年11月、全国5000人以上を対象に実施した「個人の資産形成に関する意識調査」。11回目は各金融機関を信頼しているかを聞き、「信頼できない」と答えた人に対してそ […]
データで読む 資産運用・資産形成
2020/1/17 15:16
18
令和の30年、円の高値は「75~100円」の予想最多 QUICK月次調査
令和時代の外国為替市場はどんな相場展開になるのか――。QUICKと日経ヴェリタスが共同で実施した外為市場関係者へのアンケートによると、次の30年の円の高値は1ドル=75~100円、安値は100~125円になるとの見方が多 […]
QUICK月次調査
2019/5/20 09:59
19
「パンデミックが起こらなければ買い」、新型コロナウイルスに市場の見方様々 「日本の小売業に影響が続く可能性」の声も
 27日の米市場では米ダウ工業株30種平均が前週末比453ドル93セント(1.6%)も下落し2万8535ドル80セントとなった。下げ幅は昨年10月2日以来の大きさだった。売り材料は新型コロナウイルスの拡散であることは明白 […]
2020/1/28 12:43
20
資産運用、4割が「考えるきっかけなし」【個人の資産形成に関する意識調査⑭】
QUICK資産運用研究所 QUICK資産運用研究所が2019年11月、全国5000人以上を対象に実施した「個人の資産形成に関する意識調査」。14回目は日常生活における資産運用や投資との関わりについてまとめた。 ■資産運用 […]
データで読む 資産運用・資産形成
2020/1/22 16:18
21
日興アセット「財産3分法」、分配金を40円に減額 15年ぶりの低水準
日興アセットマネジメントが運用する「財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)毎月分配型<愛称:財産3分法ファンド>」(02312038)が10日の決算で1万口あたりの分配金を前月より10円安い40円に減額した。2004年 […]
トレンドを知る 資産運用・資産形成
2019/6/11 11:21