QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム タマさんの投稿 「コーヒー豆の品種は大きく2種類に分かれる。喫茶店やスペシャリ...」
2021/6/11 15:00

アラビカ豆価格は高値維持~それでも下落リスクは無視できず―マーケット・リスク・アドバイザリー・新村氏

(※この記事は6月3日に配信されたQUICK端末からの転載です) 前回のレポートではアラビカ豆価格の下落を予想していたが、しばらくはその動きとなったものの予想に反し、アラビカ豆価格は急騰しており、年初来の上昇率も本稿執筆 […]
経済・ビジネス
(※この記事は6月3日に配信されたQUICK端末からの転載です) 前回のレポートではアラビカ豆価格の下落を予想していたが、しばらくはその動きとなったものの予想に反し、アラビカ豆価格は急騰しており、年初来の上昇率も本稿執筆 […]
経済・ビジネス
投資経験 10年以上
投資商品
日本株

コーヒー豆の品種は大きく2種類に分かれる。喫茶店やスペシャリティコーヒーにて主に利用される「アラビカ種」と、缶コーヒーやインスタントコーヒーなどの廉価コーヒーで利用される「ロブ スタ種」である(最近はアラビカ利用と銘打つ缶コーヒーも出てきたが)。2種の違いはずばり、産地である。中南米の特にブラジルが主要産地であるのがアラビカ種であり、ベトナムとインドネシアが大半を占めるのがロブ スタ種なのだ。 この2種の価格は近しい相関があったが、21年に入ってからはアラビカ価格が相対的に大きく上振れしている。そのため、コーヒー業界全体の動向と言うより産地、特にブラジルの動向によるものと推測される。 日本がブラジルに依存しているものといえば、コーヒー以外にも「鶏肉」が挙げられる。唐揚げ店などブラジル産鶏肉の安さの恩恵を受けている外食業態が多いが、この記事通りだと今後の影響が気になるところだ。 なお、ロブ スタ種の記載で「ブ」と「ス」の間にスペースを入れているが、これが無いと投稿時にエラーで弾かれるのだ…

2021/6/14 20:35 最終更新   2021/6/14 22:13 (最終更新)

1コメント
タマ
ちなみに、コーヒーの産地国は赤道沿いに集中しているため、赤道周辺は一般的に「コーヒーベルト」とも言われている。では、コーヒーの生産に気候や地形に制約があるのかと言えば、そうではない。例えば、中国の山間部や沖縄など日本でもごく少量ながら生産している(茶の産地なら生産できるのではと思う)。
ではなぜ赤道沿いなのかと言えば、そこには途上国が多く存在するからであり、ひとえに人件費の安さである。先進国では我々の手の届く価格での生産が不可能である。例えばハワイ産コーヒー豆は一般的なブラジル産に比較すると5~10倍も高価であるが、それは味の差では無く人件費の差によるものである。赤道沿いでもオーストラリアでは殆ど生産されていない。
この経済格差を利用して、コーヒーの世界的大企業は生産国から安価に買い叩きマージンを獲得している。我々がコーヒー1杯に支払う価格のうち、生産者の取り分はわずか100分の1程度と言われる。コーヒーの生産は現代のプランテーションそのもので、武力による支配が資本による支配に変わっただけだ。この構図は生産国に貧困や格差をもたらしており、サスティナブルとは言いにくいのが実態だ。

2021/6/14 21:32 最終更新   2021/6/14 22:22 (最終更新)

コメント
0/500
 

株式ランキング

コード/銘柄名 株価/前日比率
1
6,745
-4.83%
2
3436
SUMCO
2,470
-6.75%
3
7309
シマノ
29,930
+4.15%
4
7211
三菱自
309
+8.42%
5
639
-3.61%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
1689
ガスETF
2
+100%
2
2,103
+23.48%
3
3,715
+23.21%
4
120
+18.81%
5
6335
東京機
1,125
+15.38%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
2,400
-20%
2
3346
21LADY
65
-17.72%
3
1,976
-17.32%
4
5,310
-15.84%
5
8135
ゼット
319
-12.12%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
6,745
-4.83%
2
14,420
-2.56%
3
21,290
-4.57%
4
11,135
+0.76%
5
73,960
-2.64%
対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる